1. まとめトップ

『頭が良くなる!?』聴くだけで脳に効く音楽の力!!!

聴くだけで頭が良くなる音楽なんて夢のような話が本当にあるのだろうか!?今回はそんな【楽して頭を良くしたい】方、必見の記事をご紹介!!

更新日: 2014年08月14日

ponmomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 61405 view
お気に入り追加

遠い昔から世界中にある『音楽』
そんな音楽を聴くだけで頭が良くなるという。
果たしてそんな夢のような話があるのだろうか。。

その音楽の作者とはモーツァルト!!

本名【ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト】

モーツァルトって誰?という方へ

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)は1756年、ザルツブルグで、ヴァイオリニストの父レオポルト、母アンナ・マリアの第7子としてこの世に生を受けました。数々の名曲を残し、1791年に35歳の若さでウィーンにてこの世を去った、世界的に有名なクラッシック音楽の作曲家

ウィーン古典派3巨匠として、ハイドン、ベートーヴェンと共に名前を連ねています

彼はなんと8才で初めての交響曲(交響曲第1番)を作曲。
その彼の作曲方法は、曲の構想はすべて頭の中だけで作り、
構想が固まると一気に楽譜に書く、
そして、妻と一緒に会話をしながら楽譜を書いていたという、恐るべき天才。

とにかくクラシックの作曲家としてはとてもとてもすごい方なんですね~。って言う事です。
名前ぐらいは皆さん聞いた事はあるでしょう。

そんなモーツァルトの作った音楽を聴くと頭が良くなるっ!??

モーツァルトの曲を聴くと頭が良くなる(IQが上がる)というのを実験したのは、1993年、カリフォルニア大学アーバイン校の心理学者フランシス・ラウシャーらが権威ある学術誌「ネイチャー」で発表

モーツァルトのある曲を学生に聞かせたところ、
他の音楽を聞かせたり、または何も音楽を聞かせなかった学生よりも、空間認識テストにおいて高い成績を出した。

まじかよ。。

更に1998年、ラットを用いたT字型迷路実験をし、前回と同じ曲を聞かせたラットは、他の曲を聞かせたラットより、早く迷路を抜け出し、モーツァルトの楽曲は脳を直接刺激していると結論づけている。

【モーツァルト効果】なんて言葉まであるらしい

モーツァルト効果(モーツァルトこうか)とは、モーツァルトに代表されるクラシック音楽を聴くと頭が良くなる、と主張される効果。

モーツァルトの曲はクラシックの中でも3000Hzを
越える高音域ゾーンに位置する曲です。

この高音域の曲が脳に与える効果というのは、
知的能力・芸術性・発想力・想像力の向上です。
実際に職場でモーツァルトの曲を流している会社もある そうです。

はい。信じやすい僕は完全に信じました。

脳に良いとされているモーツァルトの曲!!

一番モーツァルト効果があるとされる【2台のピアノ・ソナタ】という曲

信じるか信じないかは『あなた次第!』
でも一回試してみる価値はありそうですね!
ただ、普通の勉強に勝るものはないと思いますww
それでは皆さん!頭を良くして頑張っていきましょ~~!!

1





ponmomoさん

ちょっとした気になる事、関心する事、おもしろい事、悲しい事、わくわくする事、
いろんな記事作りにチャレンジしたいと思っています。
至らない点ばかりですが、皆様、宜しくおねがいします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう