1. まとめトップ

「坊主=謝罪」っていう風潮はいったい何なのか考えるまとめ

日本では悪いことをしたときに反省の念を込めて坊主にする文化があります。でも冷静に考えるとなぜ坊主にすることが謝罪・反省につながるのか不思議じゃないでしょうか?このまとめではそのワケをお伝えします。

更新日: 2015年10月17日

1 お気に入り 25561 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近丸刈り流行ってるの?謝罪=丸刈りってなんなの?丸刈りしました許して下さいってこと?耳が聞こえないふりとか聞こうとしない人の方が面白いよ(そんなことじゃない)

丸刈りにして謝罪する文化一刻も早く滅びてほしい

丸刈りにして謝罪しただけで許されるわけねーだろwwwwww頭弱すぎwww

坊主で謝罪した人たち

大阪維新の会の山本景(けい)大阪府議 (当時)

山本氏は謝罪の意を表すため丸坊主にしたといい、産経新聞の取材に「有権者や維新のメンバー、中学生、保護者の皆さんにご迷惑をお掛けしたので、おわびを示したかった」と話した。

AKB 峯岸みなみ (当時)

AKB48チームBの峯岸みなみです。この度は今日発売される週刊誌の記事の中にある私の件のせいで、メンバーやファンのみなさん、スタッフさん、家族、たくさんの皆さま­にご心配をお掛けしまして本当に申し訳ありません。
2005年に結成されたAKB48の第一期生として後輩のお手本になるような行動を常に取らなければいけない立場なのに、今回私がしてしまったことは、とても軽率で自覚の­ない行動だったと思います。
まだ頭の中が真っ白で、どうしたらいいのか、自分に何がでができるのかわからなかったんですが、先ほど週刊誌を見て居ても立ってもいられず、メンバーにも事務所の方にも誰にも­相談せずに、坊主にすることを自分で決めました。

マラソンランナー 川内優輝選手

川内選手はなぜ頭を丸めて坊主になったのか。本人いわく、「たくさんの方々に応援していただきましたが、その期待に応えることができなかった。けじめをつける意味で坊主になりました」。

なぜ坊主が謝罪を示すのか?

@日本

古来より仏教では、己への戒めとして「頭を丸める」ことは悟りの境地へ達する"解脱"への第一歩とされていた。剃髪の由来は釈迦に倣ったもので、古代インドでは頭髪を剃るのは最大の恥辱とされており、重罪を犯した者に対する一種の刑罰であったが、釈迦は自らの解脱のため進んで剃髪し、それに弟子たちも従ったものである。なお、罪人の髪を剃る刑罰は中国の髠刑や日本の天つ罪に対する禊など広く見られるものであった。

ヨーロッパでは暴力や差別の象徴

ヨーロッパにおいて髪を切る行為は、僧侶が聖と俗との区別をつけるために行われており、軍隊において個人を無名化するため、古代の奴隷やナチ強制収容所のユダヤ人等、囚われの身となった人々を非人間的に扱うために行われており(平稲、前掲論文)、異なる「社会」へ行く、もしくは強制的に行かせる行為となります。日本のように髪を切って「世間」に留まる行為ではないのです。

女性のみに行われた丸刈りの事例や決まり事は古代から認められ、多くは性的交渉や性の象徴性として髪にまつわる共同体や宗教上の規律やルール違反、不道徳に対する罰や見せしめとして行われていた。
ヨーロッパにおけるものとしては、紀元前1世紀頃のゲルマンでは姦通の罪を犯した妻は、罰として剃髪させられた上で地域共同体から追放された。新約聖書には、礼拝の場で頭髪を被りもので隠すことをしない女性の髪は刈られるべきと記されている。中世では魔女として告発された女性は、頭髪だけでなく全身の体毛を剃られて調査されたという。その他現在に至るまで、女性の髪を刈ることは女性を辱めることであり、社会的・個人的な暴力として社会に認識されている。

1