最初の36.8%の中で一番良かった人」を上回る候補者にめぐりあったら、その人こそあなた が選ぶべき相手です!

出典【結婚するのはこの人!?】数学者が明らかにする、結婚するべき異性の法則とは!? | BuzzNews(バズニュース)

マーティン・ガードナー氏は、1960年にこの数学的戦略について記述しています(その前からほかの研究者により解明は進められていましたが)。それによると、ベ ストな戦略は、候補全体の36.8%に達するまでは採用面接(結婚相手の場合はデート)を続ける、というものです。ただし、この割合を越えるまで、採用す る(あるいは結婚する)人を決めてはいけません。

確かに、いちばん良い人が最初の36.8%に含まれている可能性もあります。その場合は、2番目に良い人で我慢しなければなりません。それでも、可能性を上げたいのなら、これが最良の作戦です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【婚活】36.8%の法則!結婚は何人目でするのが一番良い?

以前、ビートたけしさんの「たけしのコマ大数学科」というテレビ番組で、お見合いするときに何人目を結婚相手に選ぶのが良いかという問題がありました。数学的な論理を活用するところが面白かったのでまとめてみます。勿論、結婚相手選び以外のことにも使える法則ですよ!

このまとめを見る