出典 gascon.cocolog-nifty.com

(s=3)のときが、もっとも期待値が高くなることがわかる。つまり、2人目までは見送り、3人目からデータと比較し、高い方を選ぶ戦略がベストということになる。データ収集(見送る人)を多くすると、1位の人が見送った人の中に含まれる確率が高くなり、逆に期待値は下がっていく。

この情報が含まれているまとめはこちら

【婚活】36.8%の法則!結婚は何人目でするのが一番良い?

以前、ビートたけしさんの「たけしのコマ大数学科」というテレビ番組で、お見合いするときに何人目を結婚相手に選ぶのが良いかという問題がありました。数学的な論理を活用するところが面白かったのでまとめてみます。勿論、結婚相手選び以外のことにも使える法則ですよ!

このまとめを見る