徳洲会公職選挙法違反事件(とくしゅうかい こうしょくせんきょほう いはんじけん)とは、医療法人徳洲会常務理事で、自由民主党衆議院議員の徳田毅が2012年12月に行われた第46回衆議院議員総選挙に出馬した際に、徳田毅の父であり徳洲会グループの理事長を務めていた徳田虎雄(元衆議院議員、自由連合代表)の指示の下、徳洲会グループ職員を徳田毅の選挙運動に従事させたと疑われ、それが公職選挙法に違反していたのではないかという疑惑が持たれている事件。また、この事件は、徳洲会がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に強力に反対していた事から、TPPが関連しているのではないかという指摘もある。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

徳洲会公職選挙法違反事件まとめ

石川被告はグループ創設者の徳田虎雄元徳洲会理事長(76)らと共謀。2012年衆院選で、病院職員らを徳田毅元衆院議員(43)=議員辞職=の選挙運動に動員して報酬を支払ったほか、虎雄氏らから買収資金として1千万円の提供を受けるなどした。

このまとめを見る