医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件で、東京地裁(田辺三保子裁判長)は12日、公職選挙法違反(運動員買収など)に問われた東京西徳洲会病院事務局長、石川一郎被告(59)に懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。一連の事件では徳田毅前衆院議員(43)の親族とグループ幹部ら計10人が起訴されたが、これで全員が1審で有罪となった。

 判決によると、石川被告は2012年12月の衆院選で、前議員の父でグループ創設者の虎雄前理事長(76)らと共謀し、鹿児島2区から出馬した前議員の陣営に系列病院の職員ら約590人を派遣し、報酬約1億5500万円を支払うなどした。判決は石川被告を地区の選挙運動を指揮した「地域主宰者」と認定したが、「絶対的地位にある前理事長の命令にあらがうことは困難」とも指摘した。

 前理事長はすべての判決で選挙運動全体を指揮した「総括主宰者」と認定されたが、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)のため東京地検は起訴するかの判断をいったん見送る「中止処分」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140812-00000024-mai-soci

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

徳洲会公職選挙法違反事件まとめ

石川被告はグループ創設者の徳田虎雄元徳洲会理事長(76)らと共謀。2012年衆院選で、病院職員らを徳田毅元衆院議員(43)=議員辞職=の選挙運動に動員して報酬を支払ったほか、虎雄氏らから買収資金として1千万円の提供を受けるなどした。

このまとめを見る