1. まとめトップ

OculusRift(オキュラスリフト)DK2×シドニアの騎士で継衛発進シーンを再現

シドニアの騎士のアニメがオキュラスリフトで再現されたプロジェクト

更新日: 2014年08月12日

0 お気に入り 1574 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vr-mediaさん

シドニアファン必見!この度、埼玉県・所沢航空発祥記念館にて開催されている「アニメフェスタin所沢」 (通称:アニとこッ!)にて、いま話題のVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift(オキュラスリフト)」を用いた「シドニアの騎士」継衛発進シーンが体験できる企画が行われることが決定しました!
本企画ではアニメ本編で使用されたコクピットの3Dモデルデータを使用しているため文字通り「アニメの世界に入る」ことが可能となり、さらに音響も本編同様の5.1chサラウンドを使用し、迫力あるサウンドによるバーチャル体験ができます。

企画概要

【タイトル】
「シドニアの騎士」継衛発進体験装置

【概要】
シドニアの騎士になろう!
あの宇宙へ飛び立つ発進シーンをVR(バーチャルリアリティ)で初体験!
TVアニメ「シドニアの騎士」の中でも緊迫感ある「継衛の発進シーン」を、いま話題のVRヘッドセット「Oculus Rift(オキュラスリフト)」で体験しよう。

【コンセプト解説】
ロボットアニメにおける発進シーンは、伝統的に、映像、音楽、カット割りのタイミングやオペレーターのセリフなど、あらゆる方向から「発進の瞬間」への緊張感を高め、発進時の突き抜けた爽快感、開放感を演出します。
「シドニアの騎士」の発進シーンは最先端の映像技術、卓越した音響技術により、これまでにないクオリティと臨場感あふれる発進シーンを実現しております。
「シドニアの騎士」継衛発進体験装置では、その素晴らしい発進シーンを、アニメーションの音響演出はそのままにバーチャル体験することができます。
主人公の谷風長道が初めて継衛に乗り、これから発進する緊張感をどうぞ味わってみてください。

【実施場所】
所沢航空発祥記念館内
イベント「アニメフェスタin所沢」シドニアの騎士ブースにて展示
公式サイト→http://tam-web.jsf.or.jp/anifes/

【実施期間】
8月13日(水)~9月28日(日)

シドニアの騎士と継衛

『シドニアの騎士』(シドニアのきし)は、弐瓶勉による日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて連載。英語表記は「Knights of Sidonia」。

太陽系が奇居子(ガウナ)と呼ばれる謎の生命体によって破壊されてから1000年後の世界。地球脱出に成功した人類の一部は、種の存続を賭けて繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する播種船を建造、奇居子から逃れつつ植民可能な惑星を探していた。
播種船の一つシドニアの最下層部で誰にも知られずに生活していた谷風長道は、共に暮らしていた祖父の死から3年後のある日、尽きてしまった食料探しのため、祖父の遺言を破り上層部へと向かうが、そこで拘束され、自身に船員として登録記録がなく祖父も15年以上前に死亡扱いになっていたと知らされる。谷風は事情を知るシドニア艦長小林の庇護の下、人型兵器衛人の操縦士訓練生として抜擢され、星白閑や科戸瀬イザナら同期の仲間と共に正規操縦士を目指すことになったが、そこに100年ぶりとなる奇居子が襲来する。

OculusRiftとは?

1