1. まとめトップ

日本の薬が世界を救う!?富士フィルムの「アビガン®錠」エボラ出血熱治療へ

一類感染症であるエボラ出血熱の感染が世界中に拡大しています。有効な治療法や薬が確立されていない中で、日本の薬、富士フィルムの「アビガン®錠(ファビピラビル)」が注目を浴びています。ギニアで行われた臨床試験では死亡率を半減させたとの中間報告が出ています。

更新日: 2015年03月02日

amygさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
103 お気に入り 553970 view
お気に入り追加

・エボラ出血熱(エボラウィルス病:EVD)とは??

フィロウイルス科エボラウイルス属に分類されているマイナス一本鎖RNAウイルス

ウイルスの型は5種発見されており、種類によって致死率が異なる

最近、多くの死因は出血によるものではないとの見解が発表されてWHOでは名称がエボラウィルス病に変更になった。

http://www.who.int/csr/disease/ebola/en/

エボラウイルスに感染すると、2~21日(通常は7~10日)の潜伏期の後、突然の発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、咽頭痛等の症状を呈す

致死率の高さが特徴で、20%程度から最高で90%程度に達することもある

大体60%位としている報道機関が多い

エボラウイルスの増殖を伴う作業には最高度安全実験施設(バイオセーフティレベル 4)を必要

・病気のメカニズム

いままで死因は出血性によるものと考えられてきたが、最近の研究では出血は確かに起こるが、死因はそれよりも重度の下痢、嘔吐による脱水によるものとの研究結果が発表されました。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1411249?query=featured_home#t=articleResults

感染者の体内では血中でウイルスが増殖し、免疫系をまひさせる反応が起こる。

潜伏期間を過ぎて生体反応が出始めた頃には、血栓ができ、血流が妨げられた状態となっている。

体内の複数の場所で大規模な出血が起き、鼻や尿から多量に出血することがある。

しかし、詳しい病理のメカニズムはわかっていない

・どのように感染するか??

ピノサイトーシスは細胞の飲作用のこと。

一般的に、症状のない患者からは感染しない。空気感染もしない。

症状が出ている患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)や患者の体液等に汚染された物質(注射針など)に十分な防護なしに触れた際、ウイルスが傷口や粘膜から侵入することで感染

つまり主に接触感染とされている

・世界の感染者の状況は??

WHO=世界保健機関は10月29日(2014)、感染やその疑いのある人は1万3000人を超えたことを明らかにし、引き続き治療施設の整備など国際社会の支援が急務だとした。

世界保健機関(WHO)は10月10日、エボラ出血熱による死者が4000人を超えたと発表した

WHOによると、エボラ出血熱による死者は今月8日時点で4033人に上り、これまでに7か国で確認されている感染者は、疑いのある人も含めて8399人となっている

・エボラ出血熱 WHOが緊急事態宣言

西アフリカで患者が増え続けているエボラ出血熱について、WHO=世界保健機関は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言

ほかの国や地域に感染を広げないためにも、各国の空港や港それに国境での検査の強化が不可欠だと勧告した。

スイスのジュネーブで、記者会見したチャン事務局長は「今回の流行はエボラウイルスの40年近い歴史の中で最も大きく、最も深刻だ」と述べて、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言

・治療法は無いの??

一番感染リスクが高いのは、なにより治療しようとする「医療関係者」

感染予防のためのワクチンや治療薬も無いため、治療は対症療法のみ

つまり、輸液で体液コントロールや鎮痛剤、抗凝固役でその症状に対処するしかない

感染者や検体と接触した人のみに対応すれば十分で、疑い患者の血液等を素手で触れないこと(手袋を必ず使用する)が重要

空気感染はないとされているが、飛沫感染は否定できない

国立感染症研究所より

1 2 3





amygさん

こんにちは。
NAVERでは特にサイエンス系をわかりやすく細かくまとめていこうと思っています。
他にもtwitterの面白いことなどを載せていきます。
どうぞよろしくお願いします。

このまとめに参加する