1. まとめトップ

まるで海外!佐賀で行われるアジア最大の気球フェスが絶景すぎる!

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは、アジア最大級の熱気球の国際競技大会。河川敷から大空へたくさんの気球が舞う姿は感動!「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編」でも紹介されています。競技はもちろんキャラクターの気球やライトアップなど楽しいイベントも沢山。まるで海外のような景色が空を彩ります。

更新日: 2014年09月17日

36 お気に入り 14161 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

佐賀インターナショナルバルーンフェスタとは?

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは、佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷をメイン会場に毎年11月上旬に開催される、スカイスポーツではアジア最大級を誇る熱気球の国際フェスティバル(競技大会)です。

たくさんの気球が大空を飛び交うバルーン競技をはじめ、夜の闇の中で、気球が美しく輝き、幻想的な空間を演出する「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)」やかわいい形をした変型気球の祭典「バルーンファンタジア」など子供から大人までみんなが楽しめる大会です。

参加するバルーンは約100機!大会期間中の来場者数は80万人を超えるアジア最大級の規模を誇るイベントです。

世界選手権・ワールド・エアゲーム・ヨーロッパ選手権などの公式選手権は、FAI(国際航空連盟)の公認する選手権で、世界各国で2年に一度(FAI規定による)開催されています。FAIはこれらの公式選手権をカテゴリ1の大会と称し、この第1カテゴリーには、公式選手権以外の大会も公認しています。

会場から飛び立っていく競技と、会場へ飛んでくる競技があります。前者では河川敷にしぼんだバルーンがずらりと並び、徐々に膨らんだあと一斉にスタート。これが、観客から大歓声があがる感動的な見どころの一つです。見学は、階段状になっている河川敷に座って見るといいでしょう。パイロットが手を振ってくれたり、バーナーの轟音に迫力を感じたりと、近い距離ならではの感激があります。

あの死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 日本編でも紹介されています!

競技以外にも様々な楽しみ方が!

バルーンファンタジア&キッズデー

お馴染みのアニメキャラクターや動物のバルーンが10機ほど並び、その巨大さは圧巻です。ちびっ子たちにとってはまさにファンタジー。普段は進入禁止の競技エリアに入って間近に見学できます。
 そしてバルーンをさらに迫力たっぷりに体感できるのが「キッズデー」です。ゴンドラに乗れたり、また、長さ20m強という膨らんだバルーンの中に入れるとあって、子どもたちは大はしゃぎ。いい記念写真が撮れること間違いなしです。

夜のライトアップ「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」

暗闇の中、河川敷一面に広がったバルーンがバンドの生演奏に合わせ、バーナーの赤い炎に照らされライトアップされます。昼間とは違った表情に変わるバルーンの姿は、とても感動的です。夜間係留の最後、一斉点火「バーナー・オン!」と共に嘉瀬川河川敷に花火が上がります!

どこで見れるの?

1 2