1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

目指すは初の"東大卒日本王者"!東大卒プロボクサー柏野晃平とは

東大卒ボクサー柏野晃平が追い求めるものとは

更新日: 2014年08月13日

18 お気に入り 22197 view
お気に入り追加

東大卒プロボクサーが誕生 在学中に会計士試験を突破した秀才

東大卒で公認会計士の資格を持ち、英語能力試験「TOEIC」は935点の高得点という異色のプロボクサーが誕生した。

柏野 晃平(かしの・こうへい)1988年1月29日、大阪・高槻市生まれ。26歳。川崎新田ジム所属。攻玉社高卒。

07年に東大経済学部に現役合格。公認会計士は東大在籍5年目の11年に取得。同9月に卒業し同10月から社会人。

「仕事とスポーツを両立させたい」新田ジムの門を叩く

柏野は、東大ボクシング部出身。公認会計士免許は在学中に取得した

ボクシングは引退したが「仕事とスポーツを両立させたい」と、後輩の紹介で川崎新田ジム(新田渉世会長)の門をたたいた

「強い者への憧れがあった」「仕事ばかりの生活ではつまらない」

「仕事ばかりの生活だったし、強い者への憧れがあった」

それぞれの持つ背景にかかわらず「ストイック」であることがボクサーが闘う大きな理由だ。東大卒で、税理士で、何でボクサーを?の答えもそこにある。

強みは剣道で培った距離感

3分2ラウンドの実技試験では、ヒット&アウェーのインテリジェンスあふれるテクニカルなボクシングで異彩を放った

師匠はあの新田渉世

目標は、横浜国大卒で、96年東洋太平洋バンタム級で国立大卒初の王者になった師匠の新田渉世会長(47)超え

1 2





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう