1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

「芸術の駅」ナポリの地下鉄が美しすぎる!

南イタリア最大の都市・ナポリ。「ナポリを見て死ね」ということわざもあるほど、風光明媚な景観や、歴史ある街並みが特徴だが、地下には近未来の世界が広がっている。

更新日: 2014年08月18日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
297 お気に入り 79904 view
お気に入り追加

ナポリの地下鉄

ナポリ中心街には1号線2号線の2線の地下鉄が通っています。治安が悪いナポリで地下鉄を使うのは危険だと思いがちですが、実際はそれほど危険ではありません。特に1号線は、車輌も比較的新しく、近代アートで飾られたモダンでお洒落な駅が多いのが印象的です。

「芸術の駅」計画

南イタリア最大の都市・ナポリ。「ナポリを見て死ね」ということわざもあるほど、風光明媚な景観や、歴史ある街並みが特徴だが、地下には近未来の世界が広がっている。

ナポリの地下鉄LINEA1(1号線)は芸術の地下鉄、地下にある美術館などと評されているようです。世界有数の芸術家・建築家が手掛けていて各駅テーマがあって楽しいです。

様々な地下鉄路線の建設さらには各駅の開設において「芸術の駅」 (Stazioni dell'Arte) 計画が提案された。これは彫刻、モザイク、装飾用パネルなどを駅の装飾として芸術の場所を与えることである。

ナポリの地下鉄は、各駅ごとに世界有数の芸術家・建築家が手がけているという。イタリアらしく、10年以上かけて気長に工事している。たびたび遺跡も発掘されていることも工事の遅れにつながっているようだ。

博物館な駅

国立考古学博物館と繋がるMuseo駅。ポンペイやエルコラーノ等の古代ローマ時代の遺跡で出土されたモザイクやフレスコ画をはじめ、ファルネーゼ家の膨大なコレクション、エジプトの美術品等が展示されています。

POPな駅

柱もデザインされている

Università(「ウニヴェルシター」。大学前)。デザイナーはアラビアで生まれたカナダ人のKarim Rashidです。この駅も結構新しいです。開催は2011年3月26日でした。駅の深さは、30メトロだそうです。

駅とは思えないかわいらしいデザイン

地下鉄へ続く階段を降りると、そこには極彩色の世界が現れる。改札口には巨大な抽象彫刻、床はポップな幾何学模様で、天井は波打つミラー板、ニューヨークで活躍する人気デザイナーのカリム・ ラシッド氏の作品で、「 わずかな乗降時間にも思考を刺激する場 」 にしたいとの想いの込められれた空間だそうです。

世界一美しい駅「トレド」

最も美しい駅の一つと言われている「トレド(TOLEDO)」駅の構内の天井です。神秘的なブルーについつい見入ってしまいます。まるで宇宙のよう

イタリアのナポリにある地下鉄トレド。その地下鉄の壁、前面を使ったアート作品があります。その壁画は「カテドラル(大聖堂)」と名付けられ芸術家Oscar Tusquet Blanca氏により地下、約50メートルに渡り一連の作品として描き出されているとのことです。

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう