1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

殺人・誘拐・放火まで…違法行為が横行する「闇サイト」の実態

栃木県で段ボール箱に入れられた少女の遺体が見つかった事件でも利用されていたという「闇サイト」。近年このようなサイトを利用して犯罪を犯すケースが増えています。見知らぬ人同士がネットを通じて違法行為が行われるという「闇サイト」の実態についてまとめています。

更新日: 2014年08月13日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
120 お気に入り 389259 view
お気に入り追加

▼「段ボール殺人事件」でも利用されていた闇サイトとは?

栃木県警は12日、死体遺棄容疑で指名手配していた住所不定、職業不詳、栗林亨容疑者(30)を逮捕した

共犯ですでに逮捕されている容疑者は「容疑者とは闇サイトで知り合った」と話し、警察は死亡した少女と容疑者らの接点など事件の全容解明を進める方針

⊿見知らぬ者同士がネットで知り合い犯罪を犯した

岩崎容疑者に死体遺棄を依頼したという栗林容疑者。

住所不定・無職の岩崎春敏容疑者(45)は、白津佳奈さんの遺体を段ボール箱に入れ、佐野市の県道脇に捨てた疑い

捜査関係者によると、岩崎容疑者は「インターネットで仕事を探していて(栗林容疑者と)知り合った」と供述

事件について、栗林容疑者から「仕事を頼まれた」と話している

⊿栗林容疑者「産業廃棄物の仕事をしないか?」

岩崎容疑者
「(栗林容疑者とは)インターネットの闇サイトを通じて知り合い、産業廃棄物の仕事をしないかと持ちかけられた。白津さんとは面識がなかった」

▼拉致・殺人・放火まで…過去に起きた「闇サイト」絡みの犯罪

監禁や身代金目的誘拐の疑いで埼玉県と沖縄県の男三人を逮捕した

身代金2000万円を要求していた。

報道によれば、主犯格の男が闇サイトに書き込んだのは、犯行当日の6日のこと。「仲間を募集する書き込みをして当日に初めて出会った」と供述している

わずか3時間後に検問によって犯人がスピード逮捕され、女子生徒も保護された。

⊿「闇サイト」の存在が大きくクローズアップされた拉致・殺人事件

名古屋市千種区で2007年、携帯電話の「闇サイト」で知り合った男3人が会社員、磯谷利恵さん(当時31)を拉致・殺害した事件

堀被告ら3人は07年8月24日夜、帰宅途中の磯谷さんを路上で拉致し、車内に監禁。現金約6万2000円やキャッシュカードを奪い、頭をハンマーで殴るなどして殺害した

面識のない者同士がインターネットを通じて知り合い、凶悪犯罪を実行した

⊿今年1月には「闇サイト」を通じて放火依頼も

今年1月、闇サイトを通じて、まったく面識のない女たちに放火を指示した男が放火未遂などの疑いで倉地庸嗣容疑者(41)が逮捕された

男は2012年8月3日未明、神戸市と京都府の女2人に東京都町田市の大手住宅メーカーの事務所玄関にガソリンをまくよう指示

男は、自身が開設した「証明屋」という偽造証明書を売買する闇サイトで「仕事があります。英文を日本語に訳す仕事です」などと募集。サイトを見て連絡してきた女2人に報酬と一緒に指示書を郵送し、放火を指示していた

▼そもそも「闇サイト」とはいったいどういうサイトなのだろうか?

1 2 3





ワンワン!



  • 話題の動画をまとめよう