1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

先月、神奈川県鎌倉市にある寺の住職の65歳の男が、近所の別の寺に忍び込み版画を盗んだ疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、鎌倉市大町にある常栄寺の住職、野末信雄容疑者(65)です。
警察の調べによりますと、野末容疑者は先月19日の夜、近所の別の寺に忍び込み時価30万円の版画1枚を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いが持たれています。
警察が通報を受けて捜査したところ、寺の防犯カメラに野末容疑者が鍵のかかっていない事務所から忍び込み、廊下の壁に飾ってあった版画を持ち去る姿が写っていたということです。
野末容疑者は以前、この寺で修行していて、調べに対し容疑を認め、「ずっと欲しかった。自分の寺に飾りたかった」と供述しているということです。
警察は詳しいいきさつなどを調べています。

お寺を出会いの場として活用してもらおうと、平塚市の住職らが婚活パーティー「Tela de comsule(寺でコンする)2014」を企画し、話題を集めている。年2回ほど開く予定で、8月24日の初回は同市の臨済宗妙楽寺が会場になる。

 妙楽寺住職の木村義淵さん(36)と、友人で伊勢原市の能満寺住職の松本隆行さん(41)が企画した。2人は既婚者だが、結婚するまでに出会いの場がないのを実感し、同じような若者の手助けをしようと話し合った。

警視庁大崎署は23日、けがを負わされたとの虚偽の申告をし、警察の業務を妨げたとして、業務妨害の疑いで、東京都品川区上大崎、住職、吉田真空容疑者(49)を逮捕した。

 逮捕容疑は今月5日、大崎署員に「玄関先で見知らぬ人に切り付けられた」とうその申告をし、パトロールを強化するなどの不必要な業務をさせた疑い。

 大崎署によると、吉田容疑者は先月から今月にかけ、計8回、同様の通報をした。首や腕をけがしていたが、警戒のために設置していた防犯カメラに吉田容疑者が自傷行為をしている姿が写っていたという。同署が動機を調べている。

1