1. まとめトップ

JAL123便 日航機墜落事故原因の真相に迫る!戦後最大級の衝撃の真実とは!?

JAL123便 日航機墜落事故原因の真相に迫る!驚愕の真実とは!?グリコ森永事件関連説、自衛隊の無人標的機と衝突説、プラザ合意への脅し、日本製核兵器の隠蔽工作…時の首相中曽根康弘が「墓場までもっていく」と言った真実とは!?

更新日: 2014年12月21日

ebina-yuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 408816 view
お気に入り追加

合わせて読みたい

日本航空123便墜落事故とは?

運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書によると、乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者(負傷者)は4名であった。死者数は日本国内で発生した航空機事故では2014年4月の時点で最多であり、単独機の航空事故でも世界最多である

1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した航空事故である。

事故の原因

1987年(昭和62年)6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書では、同機が1978年(昭和53年)6月2日に伊丹空港で起こしたしりもち着陸事故後の、ボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が事故原因とされている。

異論・異説

グリコ・森永事件で脅迫されたハウス食品の社長が巻き込まれたことから「北朝鮮工作員によるテロ」説が、他にも「自衛隊の無人標的機と衝突した」「米軍によって撃墜された」「中性子爆弾搭載のミサイルによって破壊された」などの説もあり、今回はこの異説についてまとめてみたい

1.グリコ・森永事件との関連性

1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、阪神を舞台として食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件である。警察庁広域重要指定114号事件。犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ぶ。

2.自衛隊の無人標的機と衝突説及びミサイル説

3.プラザ合意に向けての米軍の脅し

ニューヨーク、セントラルパークの東南に「プラザホテル」という五つ星の豪華なホテルがあります。1985年9月にこのホテルで行われた5カ国蔵相会議(5G)で、ドル高是正のための合意がされました
簡単に言うと、プラザ合意はアメリカの膨大な財政赤字を是正するために、アメリカのために主要先進国が通貨を介して犠牲になる合意です

4.日本製核兵器の隠蔽工作

1 2





まとめが増えたので目次など
http://ebinanaver.clu.st/
ツイッターで更新情報など
https://twitter.com/ebina_yu