1. まとめトップ

じゃんけんで勝つ方法・必勝法

いつなんどきでもじゃんけんで物事が決められることが多いこの世の中。ならば少しでも勝ちやすい方法を知っていた方が有利です。

更新日: 2014年08月15日

2 お気に入り 1691 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nbnlさん

じゃんけんに勝ったら

...グーで勝ったら、次はチョキ
...チョキで勝ったら、次はパー
...パーで勝ったら、次はグー

じゃんけんに負けたら

...グーで負けたら、次はチョキ
...チョキで負けたら、次はパー
...パーで負けたら、次はグー

男性は比較的「グー」を出します

握り拳であったり力強さだったりの印象が強いです。

見た目で明らかに「グー」出しそうな人は大概出しますよ。

男勝りの性格な印象の女性も「グー」です。

対照的に女性的な方は「パー」が多い

包みこむ優しさだったり握り拳で殴ることなんてないからです。

何も考えてない人なども「パー」が多い印象です。パーだけに。

はじめのグー

相手が怒っているとき、面倒なとき、力が入っているとき、乗り気ではないときなど感情的で論理的思考にならない時はより高確率でグーがでます。

あいこには負ける手を

人は無意識に偏りなく手を出そうとする為、同じ手を続けては出しずらい法則があります。つまり、あいこになった場合、次回、あいては違う手を出す確率が高いです。ならばグーであいこになった場合は、次回、相手はチョキかパーをだす確率が高いので、あいこ手のグーにまけるチョキを次回出せば、勝率が上がります。

チョキのあいこにはチョキを

チョキであいこになった場合に限り、チョキをだします。これは人はチョキの形からグーを出しづらい傾向から生まれた法則です。チョキの形からもう一度握り直すグーは出にくく、パーチョキの頻出率が上がります。つまりチョキであいこになった場合は、チョキを出せば勝つ確率が高くなります。

確率的には「パー」が有利!

某大学の教授が1万回以上のデータを分析したところ、「グー」が出る確率は約35.0%、「チョキ」は約31.7%、「パー」は約33.3%という結果が出たそうです。つまり、「グー」がいちばん多いので、それに勝つ「パー」を出せば、勝利確率が約35.0%となるのです。

突然しかける!

相手が準備していないうちにじゃんけんを仕掛けるのも有効。多くの人は「最初はグー」に馴れているので、とっさの時には「グー」を出しやすい傾向にあるそうです。そこで、あなたは「パー」を出せば見事勝利、というワケです。

宣言する

あなたが次に何を出すのかをあらかじめ宣言し、そしてその通りの手を出すという方法です。例えばあなたが「次はグーを出す!」と言うと、普通相手はその言葉を疑い、パーを出してきません。ということは、相手はチョキかグーです。ということはやはり、あなたはグーを出せば少なくとも負けはしない、ということになります。

拳読

じゃんけんは「グー」の形から、「グー」「チョキ」「パー」をだすので、相手のグーが少しでもひらけば、「チョキ」か「パー」をだすという事になります。じゃんけん「ぽん!」の瞬間で相手の手が少しでもひらくのを感知出来れば、「チョキ」をだせば負ける事はありません。

1

関連まとめ