1. まとめトップ
  2. 雑学

飲むだけじゃない!コーヒーの「香り」にも大きな効果があった

朝のコーヒー、食後のコーヒー、一休みにコーヒー。社会にでてからそおいしさに気づく方や手放せなくなる方も多いコーヒー。実はコーヒーの香り自体にもとても大きな効果があったのです

更新日: 2014年08月16日

62 お気に入り 56637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ShintaatnihSさん

一息つくときにはコーヒー

学生時代にはあまりなじみのないコーヒー。
社会に出てからは苦くて嫌いだったのに
なぜか好んで飲むようになってました

朝から家でコーヒー飲みながらのんびりするの幸せじゃ(≧▽≦)

さて、食後のコーヒー飲みながらLOVE魂DVD鑑賞会だー!

よし、ゆずの曲と共に宿題を攻略しよう… その前にコーヒータイムで休憩

カラダへ多くの働きがあるコーヒー、実は「香り」にも大きな効果がある

独特な香りには、人間の脳に働きかける二つの効果があることが分かった。

その①    リラックス効果

コーヒーが飲めない人でも「香り」は好きな人って多いですもんね

コーヒーは昔、アラブ、ヨーロッパの国々で薬として用いられていました。

昔の人たちは効果があることを身をもって感じていたのでしょうね

街中を歩いている時、ふと入った喫茶店に漂う珈琲の香り、この香りに癒しを感じる方も多いと思いますが、この珈琲の香りは脳医学てきな研究からリラックス効果が高いと言われています。

杏林大学医学部の古賀良彦教授らは、コーヒー粉末、レモン油、蒸留水を用いて、香りのリラックス効果を調べました。(※1)
リラックス効果の指標とされたのがα波という脳波です。人間がリラックスしたときに、脳ではこのα波が多く出てきます。つまり、α波が多く出ているほどリラックスしているという訳です。

他の二つに比べ、コーヒーの香りをかいだときに、突出してアルファ波が出現しました。

その②    集中力の向上

アロマ効果の高いコーヒーの香りは集中力を高める事ができます。 コーヒーの香ばしい香りは作業能力を大幅にアップさせ、頭の中をス ッキリさせます。

P300という脳の情報処理速度を測る脳派が出現したことにより、
集中できるということがわかったそうです。

ただ・・・・・

実はリラックスと集中は作用的に逆の位置になるものなんです

ほっとしながら集中っておかしな話ですよね

リラックスする香り・集中力を上げる香りと種類があるのです

コーヒーといえど、
種類によって効果が違ったりと深いんです

リラックスしたいときは深入りのグアテマラやブルーマウンテンがいいみたい

ブラジルサントス、ハワイコナ、マンデリン。これらの豆の香りをかげば、頭の回転が速くなるわけだ。

最後に

コーヒーは飲むだけでなく、香りだけでも大きな効果があることをまとめました

忙しい現代では集中して仕事をこなしていく
でもストレスにやられないようにリラックスすることも大事ですよね

そんな現代を乗り切るためにコーヒーの効果をぜひ活用してみてください

1