1. まとめトップ

口パクがバレた・公表している歌手、アイドル、アーティストまとめ

口パクだとうわさになっている歌手、アーティスト、アイドルをまとめています。

更新日: 2017年11月15日

37 お気に入り 1109708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

剛力彩芽

「アーティスト枠で登場した剛力彩芽です。ポジション的には、ぴったりな人選かもしれませんが、そのステージは散々なものでした。剛力は、プロペラダンスで有名になった『友達より大事な人』と、新曲『あなたの100の嫌いなところ』の2曲を披露し、キレキレのダンスで客席を盛り上げていたと伝えられていますが“口パク”だというのが丸わかり。間にはさんだMCでは、息も切れ切れだったのに、歌唱になると突然別人のような声で歌い始め、客席も興ざめだったとか」

AKB48

荒井「私たちは生歌なんですよ」
東野「え、他のアイドルも生歌じゃないの?」
今田「だって口動いてるし、歌聞こえてくるし」

荒井「いやでも私、見たんですよ」

今田「あ、見ちゃった?荒井さん見ちゃった(笑)」
岩尾「何を見たの?」

荒井「リハーサルがありまして、アイドルが集まるリハーサルが。
あのーAKBさん(ピー音)がリハーサルしてたんですね。
私たちの大先輩なんで、どんなリハーサルなのかなと」

今田「勉強や」

荒井「マイクは一応持ってるんですけどマスクしてるんですよ。
マスクしてたら調整できないんですよ。
声が出てるのにマイクが下がってたりするんですよ。
あ、口パクだって思って。」

今田「お前ねじり込むようなストレートやな(笑) もうちょっとフワッと(笑)」
東野「マスクの中側でめっちゃ口開けてんねんて」
岩尾「マイクが遠くても通るくらいの性能なんやろな」

荒井「いや絶対あれ口パクですよー!(笑)」

TM NETWORK 木根尚登

小室哲哉率いるTM NETWORKのギター担当、木根尚登が28日夜に放送されたMBSのバラエティー番組「解禁、今だから言えるナイショ話」に出演。デビュー3年後にブレークのきっかけとなったTM初期の代表曲「Get Wild」ではギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」と告白した。さら同曲で木根のかわりに“影武者”を務めたのが、当時サポートミュージシャンとして参加していたB’zの松本孝弘だったことも明かした。

きゃりーぱみゅぱみゅ

7月31日、千秋は突然「口パクとか歌手じゃないと思ってる。歌手志望より。」と投稿。ちょうど、この時間帯は多数の人気歌手が出演したフジテレビ系の音楽番組『FNSうたの夏まつり2013』が放送されていた。

今年3月にフジのきくち伸プロデューサーが「歌手であるからには、フツーに歌えることが絶対条件」とブログに綴り、同局が生歌志向を強めていたこともあって口パクで出演する歌手はほとんどいなかったようだ。
 だが、きゃりーぱみゅぱみゅだけは明らかに口パクと分かったため、千秋の批判が彼女に向けられたものだったという憶測が広がったようである。

「局から『生歌でやってほしい』というお達しがあり、アーティスト系はもちろん、アイドル系も口パクを封印して出演していました。生歌に自信がない某アイドルグループが口パクを許可されず出演を見送ったほど、この番組における局側の生歌志向の意思は強かった。しかし、きゃりーだけは特例として口パクが認められたようです。それがかえって違和感を際立たせることになってしまった」(芸能関係者)

Perfume

Perfumeはテクノポップユニットなので声には必然的に特殊なエフェクトをかけることが前提で歌が下手だからというような理由ではなくて、プロデューサーの中田ヤスタカさんの戦略のようですね。

中田ヤスタカさんはPerfumeを口パクありのアーティストとして
プロデュースしていると公言しているくらいです。
ですからPerfumeは100%口パクという結論になりますね。

山下智久

NEWS在籍時にシングル「抱いてセニョリータ」でソロCDデビューし、ミュージックステーションに出演した時に、あるハプニングによって彼の“口パク”が発覚してしまったのです。

ハプニングが起こったのは曲が後半に入った時でした。
順調に歌っていた山下が突然マイクスタンドを倒し、四つん這いに倒れてしまいます。

番組は生放送なのでこういったハプニングは珍しくはないのですが問題はその後。
なんとマイクスタンドが倒れ、マイクも飛んで行ってしまっているにも関わらずなぜか歌声が流れ続けるという摩訶不思議な現象が起こったそうなのです。

これにより山下の口パクが明らかになってしまったのですが、当の本人は立ち上がった後、何事もなかったかのようにクールに歌いつづけていました。

残念ながら口パクです。
CDの歌ってコンピューターで完璧に音程を合わせているのはご存知だと思います。
紅白の歌ですが、音程が完璧に合っていました。これほど正確な音程をリアルタイムで歌うのは無理です。

そしてもう一つ。
歌番組やライブにおいてマイクはダイナミックマイクを使います。
しかし昨日の歌はコンデンサマイクの音がしていました。
これはレコーディングスタジオで録音したものでしょう。

よって紅白の嵐の歌は100パーセント口パクです。

「嵐の場合は、デビューから現在まで、グループのストーリーをしっかり読むことができます。感動のエピソードもあれば、ユニークなエピソードもたくさんあり、ファンはより深く嵐を好きになれる。そうすると、口パクや多少のルックスの変化といった、表層的な部分の批判で、ファンが彼らに幻滅することなどないのでしょう」

1