1. まとめトップ

今年3月リニューアルした『ウイダーinゼリー』わずか4か月で見直し

「10秒チャージ2時間キープ」でお馴染みの『ウイダーinゼリー』今年3月11日に20周年を機に大幅リニューアルしたが、あまり浸透しなかったために再度見直しが検討された。一部パッケージが以前の物に再リニューアルされている

更新日: 2014年08月17日

3 お気に入り 26717 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tick-tackさん

■今年3月森永製菓は『ウイダーinゼリー』を大きくリニューアル

「ウイダーinゼリー カロリーハーフ」左
「ウイダーinゼリー カロリーゼロ」右

森永製菓は、1994年から販売されているゼリー飲料ブランド「ウイダーinゼリー」が20周年を迎えたことを機に、発売以来初の大幅リニューアルを実施

「ウイダーinゼリー」初のリニューアルは、アートディレクター/クリエイティブディレクターの佐藤可士和が手がけた

進化する視点と幅広いジャンルでの強力なビジュアル開発力によるトータルなクリエイティブワークは、多方面より高い評価

■リニューアルされたパッケージデザインのコンセプト

パッケージ上部にフレーバーを大きく表記し、カラーバーで表現することでおいしさを訴求し、ウイダーinゼリーの象徴である「in」をアイコンとしてデザイン

製品ごとに目立つように文字を大きくし、色も変更して識別性を高め、タイポグラフィーにより構成された 「ウイダーinゼリー」独自のデザインをより現代的にアレンジ

木村拓哉出演「10秒チャージ2時間キープ」のキャッチコピーで話題となったCM

SMAPの木村拓哉氏が出演した「10秒チャージ2時間キープ」というキャッチコピーのCMが話題を呼び、売上高が飛躍的に拡大

▼ここ10年、ウイダーinゼリーの売上高は横ばい状態

現在の20歳から30歳くらいの人たちにとって、ウイダーinゼリーは子供のころから当たり前にあるもの。どうしても目新しさはなくなっている

そこで発売20周年を機に、「発売当初の驚きをもう一度取り戻そうと、リニューアルすることにした」という

■2014年8月6日第1四半期決算・ウイダーinゼリーの売上高が前年同期比1割減

「カロリーハーフ」はリニューアル前の「マルチビタミン」をベースとする商品だが、カロリーゼロでも、エネルギー補給ができるわけでもない

カロリーハーフのパッケージを、再度マルチビタミンにリニューアル

売り上げ不振を受け、森永製菓は早くも7月、急遽「カロリーハーフ」を「マルチビタミン」に戻す“再リニューアル”を実施

現在販売中の「エネルギーレモン」や「エネルギービッグ」といった期間限定フレーバーや大容量品の投入で、底上げを図る見通し

▼ウイダーinゼリーの躓きにネットの声は

ゼロがあるのにハーフは売れないと思う・・・。そもそもウイダーインを買う時ってカロリー(エネルギー)が欲しい気がするんだけど。/ 森永製菓、「ウイダーinゼリー」まさかの躓き 佐藤可士和氏による大リニューアルの結果は… toyokeizai.net/articles/-/455…

ウイダーinゼリーがリニューアルしてカロリーゼロとかハーフが出たけど、手軽にエネルギー補給が出来るのが売りのはずなのにゼロって、商品コンセプトからして変わったのかしら。

ゼロがあるんだったらハーフって中途半端だから売れないのは予想できたかと…ただ早めの切り戻しをされたことで無くなるハーフのプレミア感が出てスムーズに展開できるといいなと思います / “森永製菓、「ウイダーinゼリー」まさかの躓き (…” htn.to/mhJE8c

ウイダーinゼリーはやっぱり売り上げ落ちてたのか。エネルギーチャージする物なのにカロリーゼロとか意味不明すぎて怖かったし

カロリーゼロのウイダーinゼリーって意味があるのだろうか

1