1. まとめトップ

【毎月更新】母子家庭(シングルマザー)が知っておくとよいお金の知識など

母子家庭(シングルマザー)が知っておくとよいお金の知識,行政サービス, まめ知識をお伝えします。定期的に最新情報を追加しますので、時間をおいて,また見に来てください!

更新日: 2014年09月03日

161 お気に入り 59245 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tanikazeさん

母子家庭(シングルマザー)が知っておくとよいお金の知識,行政サービス,
まめ知識をお伝えします。

【児童手当】

日本国内に住む0歳以上中学卒業までの児童が対象

児童が3歳未満の場合は月額15,000円、中学生以上であれば10,000円、3歳以上小学生以下の場合、支給要件児童を上から数えて3人目以降であれば15,000円、それ以外は10,000円が支給される。

【児童扶養手当】

父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童が対象

類型別では離婚を含む生別世帯81.7%、死別1.3%、未婚8.6%、障害者0.6%、遺棄0.3%、その他の世帯3%

児童が1人 - 月額4万1720円
児童が2人 - 月額4万6720円
児童が3人 - 月額4万9720円
以後 - 児童が1人増えるごとに月額3000円追加

【児童育成手当】

対象:18歳まで(18歳になった最初の3月31日まで)の児童を扶養するひとり親家庭
内容:児童1人につき13,500円/月

【住宅手当】(母子家庭・父子家庭対象)

20歳未満の児童を養育している母子(父子)家庭の世帯主で、月額10,000円を超える家賃を払っている方などが対象

助成を受けるには、各自治体での条件がありますので、それぞれのお住まいの市町村自治体の確認が必要です。

【公営住宅】

母子家庭や父子家庭などを対象に各自治体では、格安で最低限の生活ができるように公営住宅を提供しています。事前に自治体に確認が必要です。(自治体によっては一般家庭より優先して入居できます)

【シェアハウス】

同じような経験をした仲間が近くにいることで安心感が生まれ、精神的な負担を少なくすることにつながります。たとえば、子育てや将来に悩みがある場合、相談したり共感してくれる相手が近くにいることで、大きな心の支えになってくれます。

【部屋探しサポート】

【ひとり親家庭の医療費助成制度】

受給資格は18歳未満(一定の障害にある場合は20歳未満)の子供を扶養しており、医療保険に加入している母子・父子家庭。

一定の所得限度額に満たないひとり親家庭の母又は父及びその児童等に対し、医療費の一部を補助することにより、保健の向上と生活の安定に寄与することなどを目的とした制度

手続:医療証の発行の手続きは、区市町村の窓口で行う。医療機関で保険証と「マル親医療証」を提示して受診。

【所得税・市府民税の軽減】

1 2 3 4 5