γ(ガンマ)-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓、血液中などに含まれており、GOT、GPTと同様にタンパク質を分解する酵素のことです。この酵素は、毒性のあるアルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したり、結石やがんなどによって胆管がつまったときなどに血液中に出てきます。

出典γ(ガンマ)-GTPの数値はアルコールに敏感です

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【肝硬変、肝がん】γ(ガンマ)-GTPの高い数値を下げる方法

健康診断でγGTPの結果がでると思いますが、中にはアルコールのとり過ぎで検査結果に異常が出ている人もいるとおもいますが、お酒を飲まなくても異常値が出てしまうといったときには注意が必要となります。

このまとめを見る