<健常時>
肝臓や腎臓などでつくられる酵素で、肝臓では通常肝細胞や胆管細胞に存在し、胆汁中にも存在しています。たんぱく質を分解・合成する働きをします。
γ-GTP値健常時
拡大
<異常時>
1)お酒の飲み過ぎ・肥満やある種のお薬などにより、γ-GTPがたくさんつくられるようになります。そのためγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。
2)胆汁うっ滞※や胆管細胞の破壊が生じると、細胞内や胆汁に存在するγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。

出典γ-GTP - 血液検査の意味 l 肝機能の数値・肝臓の数値を調べる肝機能ナビ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【肝硬変、肝がん】γ(ガンマ)-GTPの高い数値を下げる方法

健康診断でγGTPの結果がでると思いますが、中にはアルコールのとり過ぎで検査結果に異常が出ている人もいるとおもいますが、お酒を飲まなくても異常値が出てしまうといったときには注意が必要となります。

このまとめを見る