γ-GTP(ガンマ・グルタミルトランスフェラーゼ)とは、グルタチオンなどのγ-グルタミルペプチドを加水分解し、他のペプチドやアミノ酸などにγ-グルタミル基を移転する酵素です。主に胆汁の流れに障害を生じると増加し、アルコールの多量摂取でも増加します。

出典γ-GTP / 血液検査の検査項目

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【肝硬変、肝がん】γ(ガンマ)-GTPの高い数値を下げる方法

健康診断でγGTPの結果がでると思いますが、中にはアルコールのとり過ぎで検査結果に異常が出ている人もいるとおもいますが、お酒を飲まなくても異常値が出てしまうといったときには注意が必要となります。

このまとめを見る