肝臓自体はタンパク質で構成されていますので、肝機能改善のためには良質なタンパク質を含む食事療法が求められ、それにより肝細胞が活発に再生活動を行うことができます。体内では合成できない必須アミノ酸をバランス良く摂取できるものが良質なタンパク質といわれますが、これには肉(脂質の少ないもの)や魚、卵や大豆などがあり牛乳も該当します。メインのおかずは良質なタンパク質の食材をバランス良く使ったもの、おかずに添える野菜は代謝効率を維持するためにもビタミン類を偏らずに摂取できるようなものにすると良いでしょう。

出典γ-gtpを下げる方法研究会 禁酒しないで正常値に戻すには?

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【肝硬変、肝がん】γ(ガンマ)-GTPの高い数値を下げる方法

健康診断でγGTPの結果がでると思いますが、中にはアルコールのとり過ぎで検査結果に異常が出ている人もいるとおもいますが、お酒を飲まなくても異常値が出てしまうといったときには注意が必要となります。

このまとめを見る