1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sjapanさん

■強制わいせつ↑増加

平成元年 2,759件 → 平成25年 7,672件

犯罪の認知件数を種類別に見ると、窃盗犯や知能犯、殺人、強盗などについては2009年から減少傾向が続いているが、一方で放火(1090件)や強姦(1410件)、強制わいせつ(7672件)は逆に増加しており、いずれも前年を上回る結果となった。

2013年「犯罪統計資料」

加害者年齢は30代が多い

40代、20代と続く

■痴漢↑増加

性犯罪はピーク時を境に減少傾向にあるとする人がいますが、平成8年以降に急増したまま高水準で推移していて、増加傾向にあります。

一般的に「痴漢犯」は、各都道府県の迷惑防止条例違反として検挙され処罰されますが、悪質な痴漢行為は、刑法の強制わいせつ罪として取り扱われます。

平成24年の迷惑防止条例等違反のうち痴漢行為の検挙件数(電車内以外で行われたものを含む。)と電車内における強制わいせつの認知件数を合わせた数は、4,250件と、昨年に比べ6.9%増加した。

迷惑防止条例違反は、約60%が電車内で発生しており、駅構内と合わせると約75%が電車・駅で発生しています。

痴漢被疑者の年齢は、30歳代74人(33.8%)、次いで、40歳代59人(26.9%)、20歳代36人(16.4%)

痴漢被疑者の職業は、会社員112人(51.1%)、次いで、無職23人(10.5%)、アルバイトと大学生が各11人(5.0%)

無職者以外は、職業人口分布と比率が変わらないため、職業による差はあまり無いと考えられます。

■盗撮↑増加

平成18年 1,087件 → 平成25年 約2,720件

盗撮事犯については、一般的に都道府県迷惑防止条例等違反で検挙している。

前の年より24%増え、スマートフォンを使った手口が半数を占めていることが、警視庁のまとめでわかりました。

盗撮被害現場の内訳は、平成24年度では電車内が約2割だったところ、平成25年度になってからは約1割に減少しています。しかし全体の盗撮被害件数は増加しており、場所を選ばず盗撮出来てしまう現実が浮き彫りになっているようです。

盗撮に関わる迷惑行為防止条例違反の検挙件数は、平成21年からの5年間で、約1480件から約2720件に急増している。

■セクシュアルハラスメント↑増加

平成6年 850件 → 平成24年 9,981件

相談件数は9,981件で,そのうち女性労働者からの相談件数は5,838件(58.5%)で全体の約6割を占めている

職場におけるセクシュアルハラスメントは、様々な言動の態様がありますが、共通する特徴として、意識面において女性労働者を対等なパートナーとして見ていないことに加え、性的な関心や欲求の対象として見ていることがあげられます。

女性に比べて男性は「コミュニケーション不足」を理由としている人が多く、問題の原因をきちんと把握できていない人が一定数いることが分かります。

■ストーカー↑過去最多

統計を取り始めた平成12年以降、初めて2万件を超え最多となったことが20日、警察庁のまとめで分かった。

1 2 3