1. まとめトップ

石井慧初の防衛戦! 23日に対戦するミルコ・クロコップ対策は完了したのか?

IGFは14日、8・23両国国技館大会の「石井慧vsミルコ・クロコップ」をIGFチャンピオンシップとして行うと発表した。昨年大みそ日、藤田和之を破って第3代王者となった石井は初防衛戦となります。その石井慧VSミルコ・クロコップについてまとめてみました。

更新日: 2018年11月26日

1 お気に入り 6209 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「石井慧vsミルコ・クロコップ」

▼IGFチャンピオンシップ
[挑戦者]
ミルコ・クロコップ
vs
石井慧
[第3代王者]
※石井初防衛戦

8/23(土)東京・両国国技館『HEIWA FieLDS presents INOKI GENOME FIGHT2』17:00開場、18:00開始

オランダの強化合宿から帰国

23日に東京・両国国技館で行われるIGF2で、ミルコ・クロコップと対戦する総合格闘家の石井慧(27)が17日、オランダでの事前練習を終えて成田着の便で帰国した。

オランダ強化合宿ではジェロム・レ・バンナにも指導を受けた

石井は、クロコップとの対戦が決まってから約2カ月、オランダの総合格闘家ゲガール・ムサシのジムで特訓。K-1でクロコップと対戦したこともあるジェロム・レ・バンナらと、サウスポー対策を重点的に行ってきたという。

バンナ選手は(ミルコを)よく知ってるんで、対策を教えてもらいました」と手応えありの様子だ。

もうじき生まれてくる子供のためにも負けられない

妊娠4カ月で、来年2月に出産予定。昨年7月の結婚から約1年で授かった子宝に、石井も大喜びしている。

相手はいまだ日本人が勝ったことのないミルコ・クロコップ

クロコップはPRIDE時代、エメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとともに「ヘビー級の3強」と言われた超大物。石井にとって格闘家としての将来を占う重要な一戦になる。

石井をデビュー戦で破った吉田秀彦や、桜庭らを破り、日本でも人気の格闘家だ。

ミルコ・クロコップの強烈なハイキックは健在

39歳となったが、その強烈な左ハイキックは健在。昨年3月には母国で行われたK-1ワールドGP優勝を果たし、同年11月にも試合をしている。

しかし石井慧もIGFを主戦場に8連勝中

勝敗 対戦相手 試合結果
○フィリップ・デ・フライ5分2R終了 判定3-0

○藤田和之5分3R終了 判定3-0

○ジェフ・モンソン5分3R終了 判定2-0

○クレートン・エリオット・ジョーンズ1R 0:35 TKO(パウンド)

○ペドロ・ヒーゾ5分3R終了 判定3-0

○ケリー・ショール1R 2:43 アームロック

○ショーン・マッコークル1R 2:41 アームロック

○ティム・シルビア5分3R終了 判定3-0

ベルトの初防衛にも期待がかかる

昨年大みそかに藤田和之から奪取したベルトの初防衛戦となることには「あまり気負わないようにやる。やることはやってきたんで、あとはやるだけ」と話した。

石井は11年12月31日にPRIDE王者エメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、1回KO負け。今回「3強」の2人目と対戦することになる。「目標はUFCでチャンピオンになること」という石井にとって、クロコップはUFCでも戦っているだけに、自分の実力を測る上で格好の相手となる。

1