1. まとめトップ

やはり知っておきたい成功者・勝ち組の習慣と行動原則

習慣と経験が大きく左右する私たちだけにその差が将来大きく響いてきます。日々の差が響くとなればやはり成功者と言われている人たちの習慣を真似することで損はありません。巷によく流れいる成功者の習慣ですがそこは自分で判断して取り入れたいものです。

更新日: 2015年09月18日

29 お気に入り 17758 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■年収数千万円の人が「20~30代でやってきた」6つのこと

1.環境の激変を歓迎し「変化対応力」を身に付ける
私がお会いしてきたエグゼクティブビジネスパーソンの多くは、ビジネス人生の中で「急激な環境変化」を経験しています。

異なる部門や職種への異動、他エリアへの転勤、子会社・関連会社への出向、海外勤務、会社のM&Aによる組織・風土の変化……など。未知の環境に飛び込み、これまでと異なるルールやオペレーションに適応し、新たな人間関係を作り上げる、という経験をしているのです。

彼らはこうした環境の激変をむしろ歓迎し、その中で昨今のビジネス環境ではとても重要な要素となった「変化対応力」を鍛える経験を積んでいます。

IT・ネットの進化に伴い、ビジネスの環境ややり方の変化のスピードが速くなっている現在、変化にすばやく対応できる能力は欠かせません。

2.ビジネスと関係がない場所で人脈を作る
エグゼクティブビジネスパーソンは、「人脈」を広げることに時間とお金を投資しています。

ビジネスに直結する人脈の開拓はビジネスパーソンの多くが行っていることと思いますが、エグゼクティブ層は、あえて仕事以外の、肩書きなしに人と付き合える場所に出向いています。

例えば、自己啓発セミナー、スポーツの社会人サークル、カルチャー関連のスクール、地元の地域交流での仲間などです。

そこでは、未知の業界の人と知り合い、自分の業界とは異なる考え方や価値観を学ぶことができます。それを機に発想が広がり、自分のビジネスにも活かせるというわけです。

3.「ロールモデル」「メンター」といえる存在を持つ
成功者は自分が目指す「ロールモデル」、あるいは迷ったときに教えを請う「メンター」的な存在を持っています。重要な選択に迫られたとき、適切な判断へと導いてくれる人物です。

皆さんは、身近に尊敬する人物、教えを請いたい人物がいますか。いるならば、より積極的にコンタクトを取り、お付き合いを深めることをお勧めします。

社内報などを見て「すごい人だな」と感服したら、「お話を聞かせてください」とアプローチすればいいのです。メディアで目にした人物であれば、講演会やセミナーの開催情報を調べ、出席し、その後、感想のメールや手紙を送ることで、お付き合いにつながる可能性もあります。

4.「遊び心」「好奇心」を持ち、感性を磨く
私が知るエグゼクティブたちは、それぞれ趣味の活動やレジャーにも意欲的です。例えば、サーフィン、マラソン、トライアスロン、絵画、陶芸、楽器演奏、料理、旅行、映画・演劇・コンサート鑑賞などなど。

オフにしっかりリフレッシュすることで仕事への集中力も高まり、成果を挙げることにつながっているのかもしれません。しかし、私はそれ以上に、「感性が磨かれている」という効果が大きいように感じます。仕事以外の場所で自分を表現する場所を持つことで、クリエイティビティが養われるように思われます。

そして、そのように人生を楽しんでいる人、感性を磨いている人は、人間的な魅力も増します。するとどうなるか。「一緒に働きたい」と、周囲に人が集まってきます。結果、多くの人の協力を得て、より大きな仕事を成し遂げることにつながっているのです。

5.思想、哲学を学ぶ
企業を訪問して社長室に通されたとき、本棚を見ると、ビジネス書に混じって歴史や思想、哲学の本が並んでいることがよくあります。そうしたセミナーに参加するエグゼクティブも多数いらっしゃいます。

先人の知恵、社会の原理・原則などを学ぶことで、重要な局面を迎えたとき、最適な判断を下すための指針を得ているのです。最近では「座禅」や「マインドフルネス(瞑想)」などにはまっているエグゼクティブも見かけることがあります。

また、これらは精神の鍛練にもつながります。いかなる場合でも冷静に思考し、決断しなければならない立場の人だからこそ、必要なトレーニングといえそうです。

6.家族・友人を大切にし、強い絆を結ぶ
エグゼクティブ層は、映画やドラマでは「家庭をかえりみず、プライベートを犠牲にして働く仕事人間」として描かれることも多いですよね。

けれど、私が出会ってきたエグゼクティブには、家族や友人を大切にしている人がたくさんいらっしゃいます。多忙な中でも、家族や友人と向き合う時間をしっかり作っているのです。誕生日や記念日には、ちゃんとお祝いもします。

家族や友人を大切にするということは、自分の「応援団」を持っているということ。応援団は、うまくいかないとき、苦しいとき、さまざまな面で支えとなってくれます。

■成功する人としない人、6つの決定的な違いとは

1.成功する人は変化を好意的に受け止める。成功しない人は変化を恐れる。
人間にとって、変化を受け入れることはときに困難なこともあります。ですがそれを否定するばかりでなく、急速に受け入れられる人は、成功しやすいようです。

2.成功する人は自分の考えについて話す。成功しない人は他人のことばかり話す。
他人の悪口ばかりを言う人は、やはり成功しないようです。成功する人は、ゴシップに時間を費やす代わりに自分の考えを周りと共有しながら見聞を深めています。

3.成功する人は自分の失敗を認め責任をとる。成功しない人は他人のせいにする。
真に成功するリーダーたちは、長いキャリアの中で浮き沈みを経験しています。失敗したときはそれを素直に認め、責任を取る人たちこそが成功します。

4.成功する人は他の人の功績を認める。成功しない人は他人の功績を自分のものにする。
頑張って結果を出した人たちの努力を認め、その功績を讃える人こそが成功します。部下の手柄を横取りする上司は、やはり成功しません。

5.成功する人は、他の人にも成功して欲しいと考える。成功しない人は、他の人が失敗することを密かに願っている。
自分が成功するためには自分の所属するチーム、あるいは会社全体が成功しなくてはいけません。同僚の失敗を密かに願っているようでは、成功する人にはなれないのです。

⒍成功する人は常に勉強している。成功しない人はそのときの感覚だけで行動する。
常に学ぶ姿勢はやはり忘れてはいけません。せっかく成長の機会が来ても、無知な故に見逃してしまうことも

■YouTube活動の年収が遂に9億円に到達! ピューディパイがお金について初めて語る

YouTubeゲーム実況のスター、ピューディパイことフェリックス・チェルベリ氏の昨年の年収はなんと9億円近かったことがわかり話題になっている。

 ピューディパイのYouTubeチャンネルは世界中で3,700万人のフォロワーを獲得しており、これはメジャー系人気ミュージシャンのワン・ダイレクションやテイラー・スウィフトを凌ぐフォロワー数だ。

「彼は10代から20歳~30歳代のヤングアダルト層に特に人気がありますね。イギリスの人口の半数以上のフォロワーがいて、このような多額の収入をYouTubeから得ているとは普通の人々にはなかなか想像がつきませんね」と、メディア調査会社・Enders Analysisのイアン・マウド氏は『BBC』の記事で語っている。

 先日、ピューディパイがお金にまつわる自分の考えを冗談混じりながらも真摯に語った動画『Lets Talk About Money』を投稿したところ、24時間で160万ビューをカウントしたというから驚きだ。

「ボクがいくら稼いだのかが明らかになると、いつでも人々は大ショックを受けるんだ。そのうちの多くの人は激しい怒りさえ覚えている。「パソコンを前にして一日中椅子に座っているだけじゃないか!」ってね。それはその通りだけど(笑)、目の前には椅子に座っている以上のことがたくさんあるんだよ」と、動画の中でピューディパイは語っている。動画ではまた多くのお金をチャリティに寄贈(100万ドル、約1億2,000万円)したことも述べている。

ピューディパイの2013年度の年収は400万ドル(約5億円)だったそうで、この1年で倍近く収入が増える活躍をしていたことになる。

 ともあれ、人気が続く限り毎年その年収を話題にされてしまいそうなピューディパイだが、それというのも、YouTubeとYouTuberの契約条件の中に「動画投稿で得た収入は秘匿できない」ことが盛り込まれているからだという。

 多くのスター級のYouTuberは、企業とタイアップした広告(プロダクトプレースメント)を投稿動画に取り入れて収入を増やしているが、ピューディパイはあまりタイアップ広告を入れていない。タイアップ広告を入れれば、さらに収入が倍増することは目に見えているのだが……。

「すでに必要以上のものをYouTubeから稼ぎ出している身としては、ボクに自由を与えてくれているファンを第一に尊重し、(必要のない広告を入れることで)賛同を終わらせたくないからです」(ピューディパイ氏)

ピューディパイの話を聞けば、夢の高収入YouTuber生活もなんだか身近に感じられ、うまくすれば自分もできるのではないかと思わず考えてしまうのだが、前出のイアン・マウド氏は安易な参入には警鐘を鳴らしている。

「YouTube上ではほんの僅かのスターがスバ抜けた大活躍を行なっている一方で、その他大勢の人々はお金など全く稼げていないのです。人々はYouTubeのスターに何か特別なものを見出しているのであり、それは誰にでもあてはまることではありません」(イアン・マウド氏)

 マウド氏の意見はもっともだ。しかしネット環境さえあれば誰でもはじめられるYouTubeでの活動にはまだまだ大きな可能性がありそうである。ピューディパイの活躍のほかにも、今後どんなYouTuberが登場してくるのか楽しみだ。

■億万長者500人を調査!共通点は「意志の強さ」

億万長者が共通して持っている特性とは?米「ビジネス・インサイダー」が、成功哲学研究の第一人者であるジャーナリスト、ナポレオン・ヒル氏の1937年のベストセラー著書「思考は現実化する(Think and Grow Rich)」から、億万長者を研究して発見した共通点を紹介。

それは「意志の強さ」なのだとか。

米鉄鋼王アンドリュー・カーネギーやフォード・モーターの創設者ヘンリー・フォードなど、500人余りの成功した億万長者を研究したというヒル氏によると、「全員に共通するのは物事の決断が早かったこと」。また、迅速かつ自信を持って意思決定を行っていた一方で、もし決断を変える必要が出てきた場合は「ゆっくり」と変えていくのだそう。

これに対し、金持ちになるのに失敗する人は、物事の決断が遅い一方で、変更する時は頻繁かつ迅速に切り替えてしまうという傾向にあるそう。

では、より良い意思決定を下せる人間になるためにはどうすれば良いでしょう?ヒル氏は、「話を聞くスキルを磨く」ことに集中することから始めるよう勧めています。まずはともあれ、話すよりも人の話を聞くこと。自分が話している時間は、他の人や情報源からの有意義な話を聞く機会を失っているだけでなく、自分の話を聞いて逆にアイデアを盗まれる機会にすらなるかもしれない、と指摘しています。

行動は言葉よりも意味があることだとし、「自分のやりたいことを世界に知らせよう。でもそれは、まず行動で見せてから」と話し、「不言実行」が大きな意味を持つ、と強調しています。

自分が何が欲しいかを明確に分かっていて、意思決定が迅速に行える人は、その欲しいものを手に入れられるという法則があるよう。また、彼の後に続く億万長者研究者からは、早起きや定期的な運動、読書に時間を割く、成功者同士でつるむ、などといった共通点も指摘されています。

■億万長者を作った11の教訓「いかなるミスも、無知の結果」

若くしてシリコンバレーで大成功を収めている、億万長者のエリザベス・ホームズさん。そんな彼女が両親から贈られ、何度も何度も読んだという本があります。それが、マルクス・アウレリウス著「瞑想」です。彼女がその本から得たという不朽の教訓が、アメリカの情報サイト「ビジネス・インサイダー」で紹介されています。

1. 人々はお互い助け合うために存在しているということを理解する

2. 人情を忘れない(誰しも自分と同じように寝食を必要とし生きている1人ひとりの人間である)

3. たとえどんなに悪質なものであろうと、すべての間違いや失敗は無知の結果である

4. たとえ人の上に立つ立場になろうとも、決して思い上がらない

5. 他人の行動の意味を浅はかに判断しない

6. セルフコントロールする力を維持する

7. 他人の批判や中傷に傷付けられるかどうかは、それを受け取ったときの自分次第である

8. 悲観は身を滅ぼす

9. 過去でも未来でもなく、生きるべきは今この瞬間である

10. いかなる災難に見舞われても、感情的にならなければ乗り越えられる

11. 障害は挑戦の機会と考える

■成功している人が寝る前にする6つの習慣

1.1時間本を読む
イギリスのエセックス大学の研究では、本を1日たった6分読むだけで、ストレスレベルが68%も減少することが分かっています。

2.パソコンやスマートフォン、テレビの電源を切る
パソコンやスマートフォンは、良質な睡眠を妨げます。ハーバード大学のCzeisler教授によると、携帯などのスクリーンから発せられる明るい光は私たちの体内時計を狂わせ、日中であると錯覚させる作用があるんだそう。

3.散歩する
アメリカのスタンフォード大学の研究によると、歩くことによって創造力が増し、アイデアがひらめいたり問題解決策を思いつきやすいそうです。

4.瞑想する
ハーバード大学医学大学院の研究によると、瞑想によってストレスや不安、憂鬱な気分、痛みを軽減する効果が認めれれています。

5.創造的な仕事をする
アメリカのアルビオンカレッジの心理学者によると、人は、朝方の人なら夜寝る前、夜型の人なら朝起き抜けの状態のときに創造力が最も高くなるそうです。

6.明日の予定を立てる
夜のうちに次の日の予定を立てておくことで、朝の時間を有効に活用できます。また、1991年に高校生を対象に行われた研究では、タイムマネジメント・スキルを持った生徒の方が、そうでない生徒よりも進学率が良かったと言います。

■成功している人が毎日同じ服を着る「8つの理由」

シンプルライフを提唱する「becomingminimalist」の運営者Joshua Becker氏による成功している人が、毎日同じ服を着る8つの理由。

服を買うお金もクローゼットのスペースもあるのに、なぜ毎日同じような服を着るのか?と疑問を持つ人がいるかもしれません。

1 2 3 4 5 6