1. まとめトップ

お洒落なリュックサック、バックパック、メッセンジャーバッグ【ブランド紹介】

街歩きでも使えるバックパック、メッセンジャーバッグブランドを選りすぐってご紹介します。

更新日: 2015年06月06日

kituntrさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
152 お気に入り 150369 view
お気に入り追加

■ FJALLRAVEN

FJALLRAVEN(フェールラーベン

1970年代後半、なんと80%以上のスウェーデン国民が背中の痛みに苦しんでいました。特に子ども達にその傾向があり、原因の一つにショルダーバッグが一般的に使われていたことが議論されていました。そこでFJALLRAVEN(フェールラーベン)が学校で使用出来るバッグパックについて取り組み始めました。

■EASTPAK

イーストパック(EASTPAK)とは、アメリカのバッグブランド。バッグ素材にコーデュラ(ナイロンの一種)を使用した世界初のブランドとして知られている。1960年の創業当初は米国ボストンで軍用ダッフルバッグや軍用ナップザックを製造するメーカーだった(Eastern Canvas Products社)。その後1976年、創立者モンテ・ゴールドマン氏は息子からの提言によって一般用のデイパックの製造を決意。「イーストパック」の名で売り出したところ、大学生を中心に大ヒットするに至った。カラフルな色使いのプリント柄バッグが特徴的である。

MARCELO BURLON、RAF SIMONS、KRISVANASSCHE、A.P.C. など数多くのブランドとコラボしてきた《EASTPAK》、業界では信頼の厚いブランドなのがこれを聞けばわかるが最大の長所はなんといってもコストパフォーマンスにある、アイコンモデルであるPADDED PAK'R(バックパック)は7000円程とバックパックにしてはお手頃な価格

■JANSPORT

1970年代からアメリカで最も売れたバックパックブランド。

■TIMBUK2

メッセンジャーカテゴリーにおいて米国市場シェア率No.1を誇るティンバック2。デザインとタフネス、スムーズなクロスストラップなどの機能を集約した逸品をリリースし続けるバッグブランド

TIMBUK2といえば都会的でスタイリッシュなデザインも魅力ですがなんといっても見所は機能性にあります、物によって企画が異なるので詳しい事は書けませんががカメラやパソコンを守るパッドがついていたり取り外し可能なレインカバーがついていたり紹介でききれないほどの機能多。ルーツにメッセンジャーが作ったバッグということもあって耐久性も◎、値段は安くはありませんが機能や耐久性を考えるとコスパも良いように感じます。

■HERSCHEL SUPPLY CO.

バーレルメーカーを営んでいたPeter Alexander CormackとAnnie夫婦がスコットランドからカナダ・バンクーバーへ移り住み、その100年ほど後、彼らの曾孫が家業のバーレル製造をバッグ製造に転換したことがブランドの始まり。
ヴィンテージ、登山、遺跡、世界の旅行やファッションからインスピレーションを受けているという、タイムレスでクラシックカジュアルなデザインが特徴です。
バックパックやショルダーバッグなど、日本のセレクトショップでも好評の注目ブランド。

ハーシェルサプライは急激な早さで名を広げている今大人気のバックブランド、レトロな雰囲気のものが多く女性にもおすすめ。柄、カラーバリエーションも豊富で以外と人は被ることは少なそう。値段は1万近くの物が多いです。

■ARC'TERYX

1 2





ガールズ系まとめ 

このまとめに参加する