1. まとめトップ

ソーラー太陽光発電に向く、日照時間が長い都道府県はどこ?

太陽光発電は太陽の光エネルギーで電気をつくるので天候に左右され、計画的に発電できないのが悩みですが、太陽光発電システムを取り入れるにあたって、重要なポイントとなる年間日照時間は、都道府県別で見ると、いったいどれくらいの違いがあるのでしょう?

更新日: 2015年04月28日

pharenaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 55254 view
お気に入り追加

"太陽光発電"

太陽光発電(たいようこうはつでん)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電とも呼ぶ。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。

太陽光発電には太陽光がなければ電気を生み出さないので意味がありません。太陽が出ていない曇天でもしないわけではありませんが、太陽光には太陽が必要不可欠です。

日照時間とは

日出から日没までの間に、太陽が雲や霧あるいは、高層ビルなどにさえぎられないで実際に地面を照らした時間。

『日照時間』が長い地域の方が太陽光発電に向いている

日本における太陽光発電への助成に関しては、北海道日本海側・東北・信越地方などの積雪がある地域では日照量が比較的少なく、発電量の面から不利である。そのため北海道日本海側・東北・信越からは地域の特性が考慮されておらず不公平との指摘があった[要出典]。その一方でこうした地域では風力発電等の適地が多い。

発電量は春~夏に多く、夏~秋は日照時間ほどの変動は少なく、年間の平均的な量です。夏季の発電量を見ると同じ日照時間でも他の季節より多くなっており、効率的です。

日照時間の多い地域

降水量が少ない地域で、日照時間が多い傾向がある。

日本各地の年間日照時間は、おおむね1500時間から2200時間程度で、世界平均の約2500時間より短い。可照時間が長い低緯度地域で日照時間が長くなるのはもとより、季節によって日本各地の日照時間の長短には特徴が見られる。昼間の時間が長い夏至のころは九州 - 東北地方で梅雨に入るためこれらの地域では日照時間が短い。日本国内で比較的年間日照時間が長い地域として、関東地方、山梨県や長野県中部、東海地方、瀬戸内海地域、九州南東部、南西諸島や小笠原諸島などが挙げられる。

日照時間が長いと、太陽の光があなたの家の
ソーラーパネルまでしっかり届くのですね

だから、たくさん発電・電気をつくることができるんです。

日照時間はどうして変化するのか

例えば緯度が高い地域は夏場の日照時間が長くなるので緯度が低い地域は緯度が高い地域よりも日照時間が短くなります。そして日本の日照時間が大きく変動する要因となっているのが四季の変化で、春夏秋冬季節が巡ることによって春に梅雨になり雨ばかり降るようになったり、冬には北側の地域では雪が降るようになったり夏場には大きな台風が何回もやってきたりと季節によって日が出る機会が減ることが珍しくありません。

日照時間は日本全国どこでも同じ時間だと思っていたら実は違いがあります。
やはり、日本は小さな国ですが、雨が降りやすく曇りが多い地域、逆に雨が少なくて晴天ばかりの地域があるので、日照時間は必然的に変わってきます。いったい日照時間の多い県はどこでしょうか?

2013年の年間日照時間が長い都道府県ランキング

甲府地方気象台によると、一般的に内陸部は雲を作る湿った空気が入り込みにくい。また山梨の場合、西部に連なる3000メートル級の南アルプスが、西から雲を運んでくる偏西風を遮ることも要因の一つという。

一年を通じて川沿いに風が吹き、上昇気流が起こりにくく、そのため茅ヶ岳に雲がかからなく、太陽の光が降り注ぐことになるためと言われています。

宮崎県は完熟マンゴーが有名な地域で、その名も太陽のタマゴ。「太陽と緑の国」と県のキャッチフレーズでもうたう県。宮崎県は概ね年間で50日程度が快晴の日となっていて、平均して晴天率が高く日照時間も長いと言われています。

年間日照時間は2000時間を越え、全国1-2位が定位置となっている温暖な高知県。中でもこの記録をを出しているのは内陸ではなく、太平洋や瀬戸内海方面の沿岸地域です。

4位 群馬県 2366.4時間
5位 三重県 2365.5時間
6位 愛知県 2355.3時間
7位 徳島県 2326.8時間
8位 岐阜県 2315.6時間
9位 大阪府 2299.5時間
10位 静岡県 2297.6時間
11位 香川県 2288.1時間
12位 和歌山県 2281.9時間
13位 茨城県 2259.0時間
14位 神奈川県 2256.7時間
15位 兵庫県 2255.4時間
16位 広島県 2248.8時間
17位 埼玉県 2243.4時間
18位 岡山県 2214.3時間
19位 愛媛県 2207.5時間
20位 熊本県 2196.9時間
21位 大分県 2185.9時間
22位 鹿児島県 2182.9時間
23位 千葉県 2135.3時間
24位 東京都 2131.1時間
25位 長野県 2129.8時間
26位 栃木県 2127.9時間
27位 佐賀県 2113.1時間
28位 福岡県 2058.5時間
29位 山口県 2040.7時間
30位 長崎県 2018.1時間
31位 滋賀県 2015.7時間
32位 奈良県 2004.2時間

2000時間以下の地域
33位 京都府 1939.8時間
34位 宮城県 1879.5時間
35位 石川県 1868.3時間
36位 福島県 1844.3時間
37位 島根県 1842.6時間
38位 鳥取県 1842.0時間
39位 沖縄県 1809.0時間
40位 富山県 1785.9時間
41位 福井県 1739.9時間
42位 山形県 1696.0時間
43位 岩手県 1670.7時間
44位 新潟県 1661.6時間
45位 北海道 1647.9時間
46位 青森県 1515.5時間
47位 秋田県 1469.4時間

沖縄は雨による影響、北海道、東北、北陸、山陰は冬に雪がふるので日照時間は少なめです。
とはいっても日照時間は1500時間程度あるので十分発電できます。

さらに詳しく調べたい方はこちらで日照時間No1の市町村が解ります。

1





pharenaさん