1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【都内】絶品!餃子が自慢の餃子専門店まとめ

中華料理のひとつとして知られる餃子ですが、日本食と言っても過言じゃいぐらい人気ですよね!一度は食べておきたいお店ばかりです!

更新日: 2015年02月18日

dstさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1254 お気に入り 563051 view
お気に入り追加

■東京餃子楼

東京都世田谷区太子堂4-4-2 ラウスパレス三軒茶屋
03-5433-2451
営業時間
11:30~翌4:00(L.O.翌3:30)
ランチ営業、夜12時以降入店可、日曜営業
定休日
無休

世田谷通り沿いにあり、週末には必ずと言っていいほど行列ができる有名店「東京餃子楼」。

メニューは基本的に「焼き餃子」と「水餃子」の2種類のみ。その他はドリンク類や野菜のツマミなどが数種類ある程度だ。餃子はいずれも「ニラ・ニンニク入り」と「ニラ・ニンニク無し」が選択でき、持ち帰りも焼き餃子、冷凍餃子の2種類で対応してくれる。

■黒がね

東京都町田市森野6-69-1
042-729-0444
営業時間
11:00~売り切れまで
ランチ営業、日曜営業
定休日
無休

町田市内にある専用農場で栽培した無農薬野菜を食材として使用しています。「おいしい餃子を安心・安全に召し上がっていただきたい」…そんな願いのもとで、すべての食材に対してこだわりを持って栽培を行っています。

■一口餃子専門店 赤坂ちびすけ

東京都新宿区西新宿1-15-13 西新宿島田ビルB1
050-5890-6239 (予約専用番号)
03-3346-0149 (お問い合わせ専用番号)
営業時間
【ランチ】
[火~金] 11:30~15:00(L.O.14:30)
[土日祝日] 12:00~15:30(L.O15:00)
【ディナー】
[火~金]17:30~23:00(L.O.22:30)
[土日祝日]17:00~23:00(L.O.22:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)

1995年、東京赤坂にOPEN。赤坂本店、新宿店、OOTEMORI店では希少な沖縄の純系島豚「今帰仁アグー」や青森の「田子にんにく」など厳選素材を使用した「ちびすけ餃子」を始め、しそ、えび、チーズなど専門店ならではの品揃え。

■スヰートポーヅ (スイートポーヅ)

東京都千代田区神田神保町1-13-2
03-3295-4084
営業時間
[火~金](祝日でも営業)
11:30~15:00
16:30~19:30
[土](祝日でも営業)
11:30~19:30
ランチ営業
定休日
月曜・日曜(ただし日曜は営業する週もあり。11:30~15:00)

創業昭和11年の老舗だ。メニューは焼き餃子、水餃子、天津包子の3種類。棒状の焼き餃子は、肉汁が染み出るよう両端が空いており、厚みのある皮がその肉汁を吸うことで味わいが増している。

■フアイト餃子

東京都豊島区西巣鴨3-7-3
03-3917-6261
営業時間
[月~金]
11:30~14:00
17:00~20:00
[土・日・祝]
11:30~20:00(売り切れ次第終了)
ランチ営業、日曜営業
定休日
火曜日(祭日の場合は営業)

「ファイト餃子」は、ホワイト餃子チェーン加盟店(本店:千葉県野田市)。休日は開店と同時に満席となってしまい、お昼時には長蛇の列ができてしまう日本の国民食「餃子」人気店。

やや大きめのサイズと丸い形が特徴だ。油と水を使ってカリカリに焼き上げるため、出てくるまでに15分ほどかかる。やはりこの餃子は、そのさっくりとした食感を楽しんでほしい。

■亀戸餃子

東京都江東区亀戸5-3-4
03-3681-8854
営業時間
11:00~18:30
餃子がなくなり次第終了
ランチ営業、日曜営業
定休日
無休

『亀戸餃子』本店は美味しい餃子の専門店として有名で、料理は餃子のみの販売。餃子とオマケのモヤシをツマミにしつつ、ビールを飲むというのがメインの客層だ。

1 2 3





dstさん

このまとめに参加する