1. まとめトップ

あきらめちゃダメ!目もと・目の下のクマ・たるみは自分で改善できる

いつでもできて、どこでも簡単にできるもの。続けることが最大の効果を発揮する美容法

更新日: 2017年06月13日

378 お気に入り 1343549 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

magic_マジさん

■ 目元がたるむと老けて見えちゃう。。。なんでできるの?

顔もカラダと同様、使わなければ衰えます。

老け顔は加齢だけではなく、顔の運動不足も原因です。顔を動かす習慣を身につければ表情筋の衰えをストップできるみたいです

目の周りは皮膚が薄く加齢により表情筋が衰え、脂肪や皮膚を支える力が弱くなりたるみやすい

一日に一万回以上もまばたきをする目はたるみやすいのです。また、皮脂腺も少ないので、乾燥しやすく、ハリを保つ力も弱いのです。肌の乾燥によって弾力やうるおいが失われている場合が多くあるとか

◇あきらめないで!原因を知れば予防できる

筋肉は、使わないで何もしなければ、衰えて脂肪になり、重力に負けてたるみになる

表情筋のエクササイズは、地味ですし、変な顔にもなりますが、コツコツやったもん勝ち、なようです

原因を解消してあげれば、たるんでしまってからでも回復することは可能

目の下のたるみの原因は、顔の筋肉の衰えと、コラーゲンなどの弾力成分の不足によるものであきらめないでお手入れを続けることでたるみは解消するそうです。

■ あなたはどのタイプ?目もとのクマの種類別

出典slism.net

クマの3兄弟があなたを困らせる!


◇ 青クマは、皮膚の下の静脈の色が青く見えるもので、皮膚を引っ張っても動きません。
◇ 茶クマは、皮膚の色素沈着によるもののため、皮膚が引っ張られると、クマも一緒に動きます。
◇ 黒クマは、皮膚が引っ張られて伸びると、クマの色が消えて見えなくなります。

参考
http://slism.net/beauty/3-pattern-of-kuma-under-eyes.html

対して、“実はたるみだったクマのような影”というのがあります

目の下の膨らみやタルミのない方でも、このメーラーファットが痩せていたり下垂している場合は目の下の広範囲に「影」ができ
目の下が膨らんでくると、目の下のクマの症状はさらに強くなってしまうそうです

参考
http://www.osccl.com/kuma/k1.html

目のまわりの眼輪筋が衰えると見た目にも恐ろしい影響を与えます。

眼輪筋は、目のまわりを覆っているドーナッツ状の筋肉でまぶたの開け閉めが主な役割です。また、眼輪筋が動くことで、鼻の付け根にある涙嚢(るいのう)と呼ばれる袋が スポイトのように涙を集めて、涙の循環を助けてイますいるそうです

◆「光パワー」でお肌の悩みを一挙に撃退

スピーディーかつキレイに脱毛しながら美肌になれる!

普段、自分ではできないケアが効果的!

毛穴の開き、ニキビ跡、シミ、たるみ、シワ…幅広いお肌の悩みを一挙に撃退!

光フェイシャルの施術で細胞の生まれ変わりが可能になるそうです

◆ 目元を徹底的に鍛えるエクササイズ

下まぶたのたれ下がり、ゆるみの予防

唇を軽く開け、鼻の下を伸ばす

あごを引き、目はできるだけ上方を見る。

下瞼を5秒かけて引き上げていく。
引き上げたら5カウントキープ。

ゆっくり自然の状態に戻す。

◆目元を引き上げる!顔ヨガ!

上唇と下唇と合わせ、口角を思いきり上げる。同時に目を見開き、まゆを上げる。
(5秒~8秒)

http://diet.goo.ne.jp/topics/0609_no1/05.html

人により異なりますが、1~2週間で顔に変化が出てくると思います。そうすると笑顔になるのが楽しくなります。顔ヨガで顔の筋肉を鍛えると、表情が明るくなり、外側だけでなく、内面(精神面)も明るくなるはず

◆目元の筋肉を意識して負荷をかける!

目を見開いて下まぶたに集中中指を目頭にあて、人差し指を目尻にあてます。
指をおいたまま、目を思いっきり開きます。
このとき、目の下の筋肉を意識しましょう。 目元を縮めて筋肉に負荷をかける中指と人差し指は押さえたままにしておきます。
目を見開いたまま、目元の筋肉(下まぶた)を縮めてください。
鏡を見ると目が「かまぼこ型」に見えればうまく筋肉を鍛えられています(左参照)。
この収縮運動を10回繰り返します。

◆すぐできる!たった2分の表情筋エクササイズ

目を右回りと左回りにぐるりと回しましょう。
なるべく大きく動かすようにするのがポイントです。右回りと左周りを3回ずつ行います。

▼動画でわかりやすい!徹底解消!!

1 2