1. まとめトップ
  2. おもしろ

身近なペット「どんぶり金魚の楽しみ方」のポイントと注意点

どんぶりで飼育する金魚「どんぶり金魚」の飼い方と注意点をまとめました。これで縁日の金魚すくいから連れ帰った金魚も長生きさせられる!?

更新日: 2015年10月27日

1416 お気に入り 579221 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zooingさん

どんぶり金魚とは

>>「器とカルキ抜きされた水道水」のみで金魚を飼育する方法を紹介し、その理論で金魚を死なせずに長生きさせる方法を一冊にまとめました。そのような金魚を「どんぶり金魚」とネーミングし、食卓やオフィスのデスクなど小さな器で金魚を身近に感じられる魅力満載の写真も多数。

「近くに置ける」「手入れが簡単」「いつでもどこでも楽しめる」ことを重視し、金魚を飼う容器としてどんぶりを薦めている。

どんぶり金魚の特徴

金魚と仲良くなれる。世界でいちばん、金魚と仲良くなれる方法、といってもいいくらい、どんぶり金魚は人になつきます。

手入れが簡単。水量が少なく、器も小さいから、水を換えたり掃除をしたりの手間は、お皿1枚洗うのと同じくらいの簡単さです。

いつでもどこでも楽しめます。小さなどんぶりだから、どこに置くのも自由です。

まずは水の準備から

どんぶり選び

水漏れする素材やアクが出る素材、熱伝導率が高すぎて水温が乱高下するものは適さない。大きすぎたり重い器は移動するのが大変。

いよいよ金魚選び

細長い金魚より、琉金や出目金のように体が丸く、ゆったり泳ぎ、小タイプがいい。

金魚を連れ帰ったら、まずはトリートメント

金魚を家に連れて帰ったら、必ず実施してほしいのがトリートメントです。

1リットルの水に小さじ一杯(約5g)の割合で加えて作る、0.5%食塩水でのトリートメントを行います。塩水浴のトリートメント期間は2週間。

3日間は絶食

最初の3日間は必ず絶食させます。ストレスで弱っているところに餌をやると、金魚は野生の性で餌を食べてしまいますが、食欲があるわけではありません。消化不良で下痢を起こし、水が汚れてますますストレスに。最悪の場合、死んでしまうこともあります。

4日目に、金魚が餌をほしがるようなら、1粒あげてみましょう。食べるようなら、1日に2~3粒あげるようにします。トリートメント中は決してそれ以上の餌をあげてはいけません。

1 2