1. まとめトップ

【固定Tweet】

「AIの暴走」に見せかけて中の人が暴走するスキルが開発されつつある感。

【動画】 ロシア版コンボイ! ロシアの職人たちが「ラーダ」を基盤にトランスフォーマー車をつくった! その他の動画はこちらから➡jp.sputniknews.com/videoclub/ #ロシア #車 #車好きRT #自動車 #ロボットtwitter.com/i/web/status/8…

=====================

カラパイア : SFかよ!皮膚に置くだけで生体組織を修復。驚異のナノチップデバイス(米研究) karapaia.com/archives/52244… pic.twitter.com/4d0Gd5zUA7

現在、ニューラルネットワークによる自動色付けとヒトのコラボレーションを試行しています。色付けされて嬉しく思う、色を取り戻したいと感じるのは僕たちであって、機械ではない。 asahi.com/articles/ASK6P…

沖縄戦前の写真、色探す旅へ 
AIと現地取材で再現試み
2017年6月23日 朝日新聞デジタル

人の心を読むAIがついに開発される(米研究) - エキサイトニュース excite.co.jp/News/odd/Karap… @ExciteJapanさんから

豪華客船で使われている「ジャイロスタビライザー付きビリヤード台」 船の揺れを打ち消して問題なくプレイできる STABLE | STABLE Billiards stable.no/products/stabl… pic.twitter.com/vlKpN2iG9g

チューリッヒ工科大学、本物の心臓のようなシリコン製人工心臓を3Dプリンターで作成。youtube.com/watch?v=YUYNXe…

はじまっちゃった?人工知能(AI)が人間に理解できない独自の言語を生み出し会話を始めた(米研究) karapaia.com/archives/52242…

「体内Suica」で乗り放題! スウェーデンの鉄道が新システムを導入 a.msn.com/01/ja-jp/BBD9N…

電磁波を99%遮る塗料、電子機器の誤作動防ぐ : 読売新聞 yomiuri.co.jp/science/201706…乗り物やロボットの部品に用いれば、誤作動防止などに使えるという。

近年、至る所に電子機器が取り付けられているが、外部から入ってくる電磁波で電子機器が誤作動するリスクが指摘されており、簡単に電磁波を遮蔽できる技術が望まれている。

この記事、単純によかったね、ではない。誤作動を起こすほど、社会全体に電子機器が増えて、危険が増しているということ。しかも、誤作動を防ぐことが目的で開発されていることも恐ろしい。電磁波による健康被害を防ぐためとは言っていない。電子機器が増えればそれだけ電磁波の健康影響も増えるはず。

世界が注目、13歳天才物理少年が本気で警告「CERNがパラレルワールドを破壊中、宇宙滅亡する」 tocana.jp/2017/05/post_1…

記事中の「CERN」が時空連続体に穴を開けて一番近い(我々の世界と2%未満の違いしかない)「隣の」並行世界を破壊している最中という話については電子や陽子を連続的に加速しているだけでも破壊につながると考えているようだ。

そのCERNの実験以降、マンデラ効果と呼ばれる異世界の記憶を保持する特定の人々が世界中に数百存在していて、その理由として世界Aと世界Bの間と行ったり来たりする時の記憶で「宇宙とは世界線間をはみ出すようにフラクチュエート(周期的に上下:波のように振る舞う)していると語った」

残念ながら、youtubeの再生回数だけで比較するのはアンフェアだが、彼の紹介動画より、アンチ動画「マンデラ効果とかフリーエネルギー装置の発明とはは偽物」と題する方が倍以上なのは、2000年以降、未来人「ジョン・タイター」並みの人物に対する過度の期待感を天才少年に求め過ぎだ

Maxの言う話は「状況証拠から導き出される仮説(理論になる前の)」なので、天才と持ち上げるのは少し可哀想なのだ。ただ、アメリカと言う国では数十年に一回こう言う天才が現れることも事実だし、その後起業して有名になる人物もいれば高卒と同時に国防関連の研究施設に消えていく人物も多い。

Maxが語る「神のいる世界」「神の力が絶大な世界」「神がいない世界」も可能性の数だけあるのが多世界解釈だから、それは自由だが、一神教の場合は、宇宙に偏在する神が「存在しない」という並行世界を考えるのは無理だろう。一方、非偏在を唱える場合は神に一番近い世界から影響力は薄れていく

1 2 3 4 5 ... 34 35





シャンティ・フーラの時事ブログは、3.11の東日本大震災以降、今という時代をいかに正しく生きるかという観点から、竹下雅敏氏とシャンティ・フーラ翻訳・編集チームが貴重な情報を紹介しているブログです。


まとめ参加者(0)

このまとめに参加する