1. まとめトップ

朝日新聞を訂正・謝罪に追い込み、社長を辞任にさせた産経新聞の吉田調書報道

産経新聞が吉田調書の報道で朝日新聞を訂正するまでに至らせた。その功績をまとめた

更新日: 2014年11月19日

1 お気に入り 12350 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toyszmさん

産経新聞が8/18付1面で吉田調書を入手と発表

産経新聞は17日、政府の事故調査・検証委員会が事故発生時に所長として対応に当たった吉田昌郎氏(25年7月9日死去)に聞き取り調査してまとめた「聴取結果書」(吉田調書)を入手した。

朝日報道を真っ向から否定→9/11に記事を取り消し

朝日新聞は、吉田調書を基に5月20日付朝刊で「所長命令に違反 原発撤退」「福島第1 所員の9割」と書き、23年3月15日朝に第1原発にいた所員の9割に当たる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第2原発へ撤退していたと指摘

実際に調書を読むと、吉田氏は「伝言ゲーム」による指示の混乱について語ってはいるが、所員らが自身の命令に反して撤退したとの認識は示していない。
 また、「退避」は指示しているものの「待機」を命じてはいない。

9/11の会見で記事の取り消しを発表

「命令に違反 撤退」という記述と見出しは、多くの所員らが所長の命令を知りながら第一原発から逃げ出したような印象を与える間違った表現のため、記事を削除した。

ジャーナリストの門田隆将氏「なぜ朝日新聞は事実を曲げてまで、日本人をおとしめたいのか、私には理解できない。」

朝日新聞が、この吉田調書をもとに「所員の9割が所長命令に違反して撤退した」と書いたことが信じられない。自分の命令に背いて職員が撤退した、などという発言はこの中のどこを探しても出てこない。

職員の9割は吉田所長の命令に“従って”2Fに退避しており、朝日の言う“命令に違反”した部分など、まったく出てこない。

だが、朝日の報道によって、世界中のメディアが「日本人も現場から逃げていた」「第二のセウォル号事件」と報じたのは事実だ。最後まで1Fに残った人を「フクシマ・フィフティーズ」と称して評価していた外国メディアも、今では、所長命令に違反して所員が逃げてしまった結果にすぎない、という評価に変わってしまった。

事実と異なる報道によって日本人をおとしめるという点において、先に撤回された慰安婦報道と図式がまったく同じではないか、と思う。

そして見出しの一文へ…

朝日新聞は早速抗議書を送付したが9/11に謝罪と共に撤回

朝日新聞社は18日、同日付産経新聞朝刊に掲載されたジャーナリスト門田隆将氏による記事「朝日は事実曲げてまで日本人おとしめたいのか」(東京本社版)について、朝日新聞社の名誉と信用を傷つけたとして、産経新聞の小林毅・東京編集局長と門田氏に抗議書を送った。

朝日新聞社は「記事は確かな取材に基づくもので、『事実を曲げて』といった記述は誤りです」

門田氏が早速反論

抗議を受け、門田氏は「朝日新聞の抗議は全く的外れです。報道機関として、自らの姿勢を問い直してほしい」とコメントした。

産経新聞が報じた吉田調書(8/18付)

1 2