だが、朝日の報道によって、世界中のメディアが「日本人も現場から逃げていた」「第二のセウォル号事件」と報じたのは事実だ。最後まで1Fに残った人を「フクシマ・フィフティーズ」と称して評価していた外国メディアも、今では、所長命令に違反して所員が逃げてしまった結果にすぎない、という評価に変わってしまった。

出典【吉田調書】「朝日新聞は事実を曲げてまで日本人をおとしめたいのか」 ジャーナリスト、門田隆将氏+(2/2ページ) - MSN産経ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

朝日新聞を訂正・謝罪に追い込み、社長を辞任にさせた産経新聞の吉田調書報道

産経新聞が吉田調書の報道で朝日新聞を訂正するまでに至らせた。その功績をまとめた

このまとめを見る