◯2011年4月28日付「産経新聞」─ 情報提供訴えチラシ配布 倉敷の夫婦殺害 岡山
倉敷市で全焼した民家から首が切断された夫婦の遺体が見つかった殺人放火事件が27日、発生から丸16年を迎えた。
事件は公訴時効成立直前の法改正によって時効が撤廃されたが、捜査は難航しており、県警は同日、現場近くの駅でチラシを配布し、改めて情報提供を訴えた。
事件は平成7年4月28日午前2時半ごろ、同市児島上の町の農業、角南春彦さん=当時(70)=方から出火。
焼け跡から胸などを刺され、首を切断された角南さんと妻の翠さん=当時(66)=の遺体が発見された。
児島署の光本博一刑事官は「事件の解決を目指して捜査を続けている。どんな小さなことでもいいので、積極的に情報を提供してほしい」と話していた。
児島署((電)086・473・0110)。

http://fumibako.com/kowai/story/case/28.html

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

倉敷市児島老夫婦殺人事件まとめ

倉敷市児島老夫婦殺人事件 (くらしきしこじまろうふうふさつじんじけん)とは1995年(平成7年)4月に岡山県倉敷市で発生した放火殺人事件。

このまとめを見る