津波の到達については、崩落の17分から20分後になるとみていて、「住民が避難するために島の崩落を把握できる仕組みが必要だ」として、津波計を設置するなどの対策が必要だとしています

出典「西之島」斜面崩落の危険が 父島に津波の恐れも

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

噴火で成長している「西之島」が大きくなりすぎてヤバイ事になっていた

昨年11月に噴火で新島が誕生。横にあった西之島と合体し、その後、成長を続けている。しかし、成長が続きすぎヤバイ事になってきた。

このまとめを見る