1. まとめトップ

「えっ?なんで」サイトの順位がいきなり下がったら!?チェックしておきたいSEO対策まとめ

「えっ?なんで」サイトの順位がいきなり下がったら!?チェックしておきたいSEO対策まとめ時には成功していたSEO効果が、ある日突然通用しなくなる・・・。そんな悲しい出来事を体験してしまう前に、グーグルに好かれるちゃんとしたサイト制作を考えてみた。

更新日: 2014年08月20日

0 お気に入り 777 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soulplayerさん

可能性1.グーグルのクローラーが巡回できなくなっている?

レンタルサーバーがスパム対策のために海外からのアクセスを遮断していることがある?
その際に、一緒にグーグルのクローラーも弾くという事があるらしい!?

そんな時はグーグルのウェブマスターツールでクロール状況を確認すればOK!!

可能性2. コピーサイトの大量生成

ほぼ同じコンテンツをコピーして大量にページを作っていませんか?
サイトの基本はオリジナル性!
コピーコンテンツが大量に存在していると、ペナルティをくらう可能性が大です!
実際、グーグルのパンダアップデートでこの機能がかなり賢くなり、コピーサイトは駆逐される時代に・・・。

可能性3.変なSEO会社をつかってしまい質の低い被リンクが多数自分のサイトに貼られている。

これが一番の致命傷になる事も・・・・。成果報酬型や激安を謳うSEO会社の中には、大量に質の低いコンテンツから被リンクをはり逆にペナルティになる事も珍しくありません。

そもそも、質の高いリンク=質の高いサイトからの被リンクとなりますが、質の高いサイトを製作するには、それ相応のコストと維持費がかかるのでそれを格安で提供できる・・・・。

そんな美味しい話はあまりないようです。

対策1 では、どのようにすれば検索順位が上がるのか!?

コンテンツのオリジナル性と、その情報に対して質の高い情報を以下に提供できるか?

グーグルが公開しているユーザビリティの追及をしていけば上記の2点は必須のポイントになってくると思います。

共に、オリジナルコンテンツを製作して、信用度の高い情報を配信していくにはコストが膨大に掛かるかもしれませんが、おしむようでは今後のSEO対策は厳しいでしょう。

対策2 今後のグーグルの動向を見極めて先手必勝コンテンツの作成

更に進化していくグーグルの検索エンジンアルゴリズム。

その先を読んで、完全オリジナルのコンテンツをサイト内で構築していくのも手かもしれません。

今では、時期的なタイミングで検索ワードの優先順位を買えていると言われているグーグルの検索機能は、将来的には人工知能に近くなってくる事でしょう。

要するに、人がみて不自然と判断されるコンテンツはユーザービリティ―が低いコンテンツとみなされて上位表示は難しくなると推測されます。

それを見越した上で、上げたいキーワードの専門性を極めたコンテンツをサイト内に構築してみるのも損はしない賭けになると思います。

例えば、車関係のサイトを運営しているであれば、

1.車の全ブランド
2.車の構成要素
3.車の出荷台数
4.車の歴史

など、車関係の事を俯瞰して情報が得れる総合的なサイト運営を目指した方が良いと思われます。

そんな事わかってはいるがコストが・・・・。

そうなんです、やはりSEOに近道はなく、コストはかかるもの。
でも、そこを抑えたサイトが上位表示される時代が来ると思いますので、
そこに山をはるのも良いかもしれませんね!

ポイントは

1.質の高い情報
2.鮮度の高い情報
3.オリジナルな情報

を、意識した上で、徹底的にコンテンツ作りに励めば、常に上位に位置する事も夢ではないかもしれません!

対策 長期編

グーグルの最新アルゴリズム情報が一部流出していたみたいですが、その流出した資料の中で、今後は

「サイト時代の権威性」

を、検索結果に加味するというような事が掛かれているようです。

遂に、グーグルプラスやフェイスブックのイイネ等の指標が役立つときが来るのでしょうか?

はたまたそれ以外の指標でこの「権威」という特別な計る術はあるのでしょうか?

長期的にみるとこの「権威」がどこまで検索結果に影響を与えるか気になる所です。

どちらにしろ、今からグーグルプラスで評価を集めておくのもよいかも!?

1