東海大四は西嶋、山形中央は背番号11の佐藤僚の両先発が五回まで無失点に抑える投手戦。西嶋はスローボールを交え緩急を駆使、佐藤僚は五回までノーヒットに抑える好投。

出典山形中央が延長戦を制す、東海大四監督「キャッチボールに甘さが出た」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る