1. まとめトップ

【るろうに剣心】華麗なる剣技!飛天御剣流!技一覧

るろうに剣心に登場する、「飛天御剣流」の技をまとめてみました。

更新日: 2015年11月06日

25 お気に入り 493061 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

飛天御剣流とは・・・

「剣の速さ」「身のこなしの速さ」「相手の動きの先を読む速さ」という三つの速さを最大限に生かし、最小の動きで複数の相手を一瞬で仕留めることを極意とする、一対多数の戦いを得意とする実戦本位の殺人剣である。「飛天」の名が示すとおり、その使い手は天空を飛翔するかのごとき跳躍力を持ち、相手のはるか上空から斬撃を放つこともしばしばあり、体さばきや斬撃の速さは「神速」とされる。

飛天御剣流の理

「御剣の剣、即ち、時代時代の苦難から弱き人々を守ること」

飛天流継承者

奥義を弟子に会得させるために自らの命を犠牲にするという習わしが存在する。奥義を会得した弟子は開祖・比古清十郎の名を襲名し、同じく次なる弟子にその技と理を継承させていく。

◇技一覧◇

龍槌閃(りゅうついせん)

空高く飛び上がり、自然落下を利用した威力の高い斬撃で一気に斬り裂く。

龍槌閃・惨(ざん)

龍槌閃の派生技。落下の際に刀の切っ先を下に向け、相手を頭上から刺し貫く。殺傷力が極めて高い。

龍翔閃(りゅうしょうせん)

峰を右手で支え、下から飛び上がりつつ、刀の腹で斬り上げる。

龍槌翔閃(りゅうついしょうせん)

龍槌閃で上段を攻撃した後、龍翔閃で下段を攻撃する連続技。また、逆に龍翔閃からそのまま龍槌閃を繰り出す連続技も。

龍巣閃(りゅうそうせん)

全身の急所を攻撃する高速乱撃術。

龍巣閃・咬(りゅうそうせん・がらみ)

龍巣閃の派生技。一部分のみを狙い集中乱撃する。

双龍閃(そうりゅうせん)

刀の鞘を帯から外した状態で放つ抜刀術。一撃目の刀を躱されても、抜刀の勢いを利用して鞘による二撃目に繋げることが出来る二段構えの抜刀術。

双龍閃・雷(そうりゅうせん・いかづち)

1 2 3