1. まとめトップ

[JR東日本]羽田空港新線計画が明らかに!東京・新宿・お台場から直結[東京五輪]

東京都心と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス線構想」を、JR東日本が発表!東京、新宿、新木場の各駅から、貨物線やりんかい線と新線をつなぎ、羽田空港国内線ターミナルに直結。都心部から20分で空港に行けるようになる期待の計画!2020年の東京オリンピックまでに暫定開業も検討され、羽田の国際競争力もアップ?

更新日: 2014年08月20日

2 お気に入り 6220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kitakoreさん

羽田空港(東京都大田区)の地下に新駅を設け、トンネルなどを使って東京駅や新宿駅などと結ぶ「羽田空港アクセス線構想」を発表した。

羽田への所要時間は、東京からは現在の28~33分が約18分、新宿からは41~46分が約23分、新木場からは41分が約20分になる。

新線が開業することには、都心から1時間かかる成田空港の位置付けはどうなっているのでしょうか・・・

2020年の東京五輪・パラリンピックの会場と羽田を結ぶ一部ルートは、五輪前の開業を目指す。

設計や環境影響評価(アセスメント)、建設工事に10年を要する。京浜急行駅の直下に建設する空港新駅は五輪開催に間に合わないため、暫定駅を設け、空港ビルまでバスを運行する。新駅の利用者は1日当たり7万8000人を見込む。

京急線の下に新駅を作るとなると、ホームから出発ロビーまでの移動に時間が掛かるかもしれません。この辺の違いで、モノレールや京急との住み分けができるかも。

2020年の東京五輪に間に合うよう、空港近くに仮設駅を作り、競技会場が多い臨海部まで暫定開業することも検討している。

天空橋駅、東成田駅のような駅がまた生まれるのでしょうか。

3線が開通すれば新宿駅からは東品川短絡線で、東京駅からは大汐短絡線で、新木場駅からはりんかい回送線を使って羽田空港まで直行できる。

上野と東京をノンストップで結ぶ「東北縦貫線」が来春開業するため、現在上野止まりの東北(宇都宮)、高崎、常磐各線も空港への直通運転が可能になる。

運賃は未定だが、東京駅まで620円、新宿駅まで840円などと仮定した場合、新駅の1日の利用客は7万8000人と試算している。

りんかい線に乗り入れると、運賃が跳ね上がってしまいます。

離れた場所にある国際線ターミナルにも延伸を検討しているが、さらに800億円の事業費が必要となるという。

動画ニュース

1