1. まとめトップ

「なめられる人」から「尊敬される人」になるための5ヶ条

他人になめられると、良い気はしないもの、絶対になめられない人になるための5つのルールを紹介します。

更新日: 2017年04月13日

208 お気に入り 686956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

"なめる"とは…

相手、または事を、頭から馬鹿にしてかかる。みくびる。

なめるとは相手やある物事を馬鹿にしたり、みくびったり、軽んじる、蔑むといった行為

出典日本語俗語辞書

「5つの重要事項」

相手に、馬鹿にされ、みくびられると気分が悪くなり、地位や立場を脅かされるだけでなく、心にも傷を与えられることがあります。

なので、相手になめられない人になるための5つの重要事項を紹介したいと思います。

① 堂々とした態度

見た目がださいとなめられる。

表情に自信があるとバカにされなくなる。

自分に自信がない人は、そういった態度が出てしまい、相手になめられるケースがあります。

なので、堂々とした態度をとり、相手に自分をなめにくい雰囲気を作るために、以下の3つのことを意識してください。

1、堂々とあいさつ、力強い握手、毅然とした態度で臨む。

2、目力を入れる。

3、背筋を伸ばす。

この3つを意識するだけで、自分の態度が変わります。

② 堂々とした体

今、あなたは上の写真を見て、この人を”なめよう”と思いましたか?

99%の人がなめたらあっかん〜と思ったはずです。

①と②は、メラビアンの法則で、人は相手を判断する時、見た目が55%です。

また、見た目が9割という考え方も、人は見た目がとても重要です。

体を鍛え、堂々とした態度をとることで、相手の視覚に自分の存在を訴え、なめられないようにします。

③ 声を意識

メラビアンの法則では、口調や速さが38%、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすと言われている。

声は、①と②の見た目と同じく、人の印象となります。緊張などから来る、高すぎる声や、自信のない喋り方は相手になめられやすくなります。

④ 人間関係の構築

誰にもなめられない人間関係の場所を、自分で作ることが大切です。

家族でも、コミュニティーでも、サークルでも何でもいいです。

そういう場所があるだけで、自力で生きる勇気がわきます。



あなたが、誠意をもって活動し続ければ必ず賛同者が現れます。

気の合う仲間が寄ってきます。

そして、自分を中心とした場所ができます。

態度、体、声は、人の印象です。

基本ではありますが、これだけだと深い関わりになった時、見かけだけの人になってしまいます。

そうならないために、周りの人間関係を構築しておく必要があります。

虎の威を借る狐

虎が狐を食おうとしたときに、狐が「私は天帝から百獣の王に任命された。私を食べたら天帝の意にそむくことになるだろう。嘘だと思うなら、私について来い」と虎に言った。

そこで虎が狐の後についていくと、行き合う獣たちはみな逃げ出していく。
虎は獣たちが自分を恐れていたことに気づかず、狐を見て逃げ出したのだと思い込んだ。

自分に力がない人は、権力を持った人、強い人と人間関係を構築すれば、なめられなくなります。

⑤ きちんとした対応

1 2