1. まとめトップ

もう残念とは言わせない!?最強男「千原せいじ」笑える伝説

ガサツ、残念な兄などと評される千原せいじさんですが、もしかすると最強かもしれない。そんな千原せいじさんの笑えるエピソードと伝説をまとめています。

更新日: 2019年01月04日

23 お気に入り 212827 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神通百力さん

引きこもりだった弟の千原浩史(ジュニア)を誘い、お笑いコンビ・千原兄弟を結成。
飲食店経営やダンススクールを主宰。

▼千原せいじ笑えるエピソード

小学生の時に、全校集会で癇癪持ちのジュニアのクラスメートが暴れだし、イスを持ち上げて「お前ら、包丁で刺し殺したろかー!」と叫んだ際に、「それやったら、イスいらんやんけー!」とつっこみ、体育館中を爆笑の渦に巻き込み、事態を沈静化させた。

『やりすぎコージー』「どうぶつ都市伝説 タイで猿に支配された街を大捜査!猿が街を占拠!!知能を持つ猿が住む無人島へ」のロケでは、全く人には懐かないと言われている現地の猿と、せいじがその猿のエサの取り方をマネ(岩にくっ付いたカキを石で割る)をしてエサを与えたら受け取り、他の猿がエサを貰うのを順番待ちしていた』

非常に社交的な性格なため、番組でアフリカを訪れた際、一切外国語が話せずずっと関西弁を使っていたのにも関わらず、現地の住人たちと打ち解けて住人たちに神輿のように担がれる

暗所恐怖症で、幼い頃せいじは一人で2階に行くのが怖かったという。2階に行くときはジュニアに「おい、お兄ちゃん2階行くぞ」といい、ジュニアが手を引いて2階に行っていた。ジュニアが部屋の中を確認し「誰も居てへんよ」と言うと「ありがとう」と礼を言い部屋に入っていった。

ライセンスの藤原と一緒にルミネよしもとのエレベーターに乗った際、3Fで同じビルに入っている無印良品の店員が乗ってきた。すると突然「何や、棚卸しか!?」と話しかけてトークを展開した。人見知りである藤原は「何てスゴイ人なんだ…」と唖然

マサイ族の生活についてのロケに行った際、そこは一夫多妻制だった。簡単な挨拶を交わした後、子供たちが10数人登場し、せいじが「自分の子は、どれ?」と聞いた。それに「一夫多妻制なので、全部自分の子供です」と返した瞬間に「自分、やるなあ!!」と肩を組んで即意気投合、次の日から、せいじを先頭にマサイ族が後ろに付いていく様に

道中、ラクダが道を塞ぎ、車が立ち往生するハプニングも。これには地元のドライバーも「ラクダが移動するまで待つしかないんだ」とお手上げ状態だが、せいじは構うことなく「ちょっとどいてくれや!」とラクダに直接命令を。すると、まるでせいじの言葉が通じたように、ラクダたちがいっせいに移動を開始。これには、現地の人も驚愕(アフリカロケにて)

鳩が集まるところは霊が集まりやすいとの話が出た時、せいじの以前住んでいたマンションのベランダが鳩だらけだったという。それを聞いた周囲の人から何もなかったかと問われたせいじ、鳩が巣を作るので困るというばかりで霊のことはまったく口にもしなかった。

弟のジュニアが交通事故で病院に運ばれた時、病院に呼ばれたせいじはホステスを連れていたという。しかもジュニアの事故後の顔を見て大笑い。

ロケの際、野生のゴリラがせいじに我が子の姿を見せに来た。

コモドドラゴンを捕まえるというロケで、現地ガイドに案内されている道中、せいじが現地ガイドの頭をはたきつっこんだ。しかしその国では頭には神が宿っているとされており、コモドドラゴン捕獲用の道具でせいじが捕獲された。

アフリカロケで原住民に悪魔祓いをされたせいじ。

意外にも霊感があるせいじ。しかし霊が見えても「お前、こんなとこで何してんねん!」と霊に大しても強気。

デビュー当時、せいじさんはバッファロー吾郎の竹若さんと住んでいた。有名なエピソード。洗濯機が水漏れして、せいじさんが洗濯機を持ち上げたようとした時に感電したという

新幹線、新大阪から名古屋間の車中、一般の中年女性と仲良くなり、その後大喧嘩。ジュニアいわく「人が一、二年かけてやることを小一時間でやる男」とのこと。

1