暗所恐怖症で、幼い頃せいじは一人で2階に行くのが怖かったという。2階に行くときはジュニアに「おい、お兄ちゃん2階行くぞ」といい、ジュニアが手を引いて2階に行っていた。ジュニアが部屋の中を確認し「誰も居てへんよ」と言うと「ありがとう」と礼を言い部屋に入っていった。

出典千原せいじの「残念なエピソード集」 - なおすけの都市伝説と雑学

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

もう残念とは言わせない!?最強男「千原せいじ」笑える伝説

ガサツ、残念な兄などと評される千原せいじさんですが、もしかすると最強かもしれない。そんな千原せいじさんの笑えるエピソードと伝説をまとめています。

このまとめを見る