1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

noc22さん

出典nge.jp

ファットバイクがブームになるや、すぐに登場した電動ファットバイクがある。それが『RadRover Electric Fat Bike』だ。ただし、こちらのバイクはクラウドファンディングの『Indiegogo』でのプロジェクトです。プロジェクトが順調に進めば、2015年の8月から出荷開始となるそうです。

KTMの自転車部門であるBIKE INDUSTRIESがラインアップしている電動アシストシリーズE-BIKE

「FARADAY PORTEUR」は、1950年代の欧州のデリバリー用自転車にヒントを得てデザインされた電動アシスト自転車。クラシカルかつシンプルで美しいこの自転車のデザインは、“世界一美しい”と言われています。美しさを維持する一方、電動アシスト機能も犠牲にしていないのがこの自転車の特長です。

イタリアの自転車メーカー VELORAPIDA は、ビンテージバイク風電動アシスト自転車を製造しています。価格は1,520ユーロから2,200ユーロ。

LEAOS」のアウトラインはママチャリスタイルを進化させたルックス。トップチューブを排することで、スカートなおねーさんでもライディングできるようにとしたのでしょう。

重量は約19kgとこの手のものとしては比較的軽量。アシスト式の場合は25km/hでアシストが終わるようになっている。

正面から見るとまるでホンダ・モンキーのようにも見えるこのバイク。一瞬、「え? 自転車?」と疑ってしまうほど個性的なスタイルだが、ハンドル、サドル、ペダルはしっかりと付いているし、ギアやブレーキシステムもMTB用そのままだ。なによりクランクを回して走る姿は自転車以外のなにものでもない。

「Ariel Rider」は、1950年代バイク風のルックスを持つ電動アシスト自転車。世界的に自転車通勤者が増加するなか、「大人の鑑賞に耐えるデザインを持つ電動アシスト自転車が欲しい」という消費者からの要求に応えて設計された。

「スマート」には4種類の電動アシストがあって、再生力のあるブレーキなどさまざまな特長もあり、クリーンエネルギーとしてのたくさんのメリットを備えています。

出典ennori.jp

スウェーデン発祥の家具販売店 IKEA が電動アシスト自動車「FOLKVANLIG」を発表した。5月下旬から、まずはオーストリア ウィーンの2店舗で販売開始されるという。価格は749ユーロ(約10万4,000円)。IKEA FAMILY メンバーであれば、649ユーロ(約9万円)で購入できる。

海外のかっこいい電動自転車ですが、日本ではなかなか手に入らないうえに、日本との規定の違いで公道の走行が出来ないことが多いのが悔しいところです。

1