1. まとめトップ

なんでそんなに仲良いの?知られざるルパンと次元の仲良しエピソード

ルパンと次元の仲良しエピソードを掻い摘んでまとめました。

更新日: 2014年08月22日

25 お気に入り 163466 view
お気に入り追加

2014年8月30日公開の実写化も控え、今尚人気が衰えない国民的作品「ルパン三世」

2014年8月30日に全国東宝系で公開予定の日本映画。モンキー・パンチの同名漫画を原作としたオリジナルストーリーの実写作品。監督は北村龍平、主演は小栗旬。
『ルパン三世』の実写映画は、1974年に公開された『ルパン三世 念力珍作戦』以来40年振りとなる。また、『念力珍作戦』では登場しなかった石川五ェ門も、本作で実写映画に初登場する。製作には4年以上の歳月をかけ、日本・タイ・香港・フィリピン・シンガポールの広大な範囲でロケが敢行された。

『ルパン三世』は、モンキー・パンチ(原作)の漫画(1967年 - )および、その主人公の名前。怪盗ルパンの孫、ルパン三世を主人公に置いた、ナンセンス、コメディー、スラップスティックの要素を多分に含んだアクション作品である。

1971年からはテレビアニメ化がされ、映画やOVA、ゲーム化などの各種メディア展開がされ現在に至るまで幅広い人気を誇っている。

出典http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E4%B8%89%E4%B8%96

女たらしで三枚目。しかし本人は容姿に自信を持っており(いわゆるナルシストだが自分が猿顔とは一応認識している)、自分を誰よりもイケている男と勘違いしている節があり、そこを仲間達や銭形に突っ込まれる場合がある。
しかし三枚目という設定が確立したのはTV第2シリーズ以降であり、上述の通りTV第1シリーズでは銭形がルパン三世のプロフィールとして「容姿端麗」と語っている。
愛嬌たっぷりの憎めない性格だが、抜け目のない狡知も持っている。

ルパン三世の相棒で拳銃の名手。
顎髭を生やし、主に紺系のダークスーツとソフト帽を常に着用している。

名前の由来は、モンキー・パンチが「四次元」「次元が違う」などといった、「次元」という言葉が大好きであるため。

なにかと仲のいいルパンと次元

ルパンと次元には不二子ちゃんも嫉妬だよな。いや、腐った意味じゃなくても。 あの二人には男女では決してきずけない何かがあると思うの

ルパンと次元の仲良しさにニヨニヨしてるとマックィーンとメーターのこと思い出しますわ。ああいう男の相棒って関係すごく好きなんだよねホント

■TVシリーズ

TV第1シリーズ第1話「ルパンは燃えているか……?!」より登場。
この時点で既にルパンの相棒となっている。
ルパンに「ガキの頃に縁日の射的で、あと1発のところで弾がなくなって泣き顔を見たことがある」と打ち明けているので、本来は平凡な日本人であったことが示唆されてもいる。

2ndは次元メイン話が多数あるものの、1stは主役のルパン以外がメイン張る話がほとんどないような気がします。五ェ門と不二子がほんの少しメインっぽいときがありますが、次元は1st時は本当に「影の男」だったのですかね。強いて言うならトランプ作戦くらい? #ls345

お気に入り次元さん。1st次元さん。ルパンが透明ガラスに激突して倒れたのを見て不思議そうに首をかしげるのが可愛くて可愛くて。 pic.twitter.com/dNIkcSLwXS

1st次元→ルパンの手下。クールなガンマンと見せかけた随一のリアクション芸人。 2nd次元→ルパンのおかん。クールなガンマンの一面が見える。苦労人。 Part3次元→みんなのおかん。クールなガンマンなんて居たの?リアクション芸人こと一番楽しそうにしている。

次「無茶だルパン!素手じゃ何もできん!」ル「次元。やれるかやれないか、オレの勝手にさせてくれ」次「よーし…わかったよ…お前は生まれつき贅沢なんだよな。好きにするさ」ル「ありがとう」(1st4話)

ルパン三世 Lupin the 3rd S2 第72話「スケートボード殺人事件」

「せっせっせーのよいよいよい♪」と手遊びする二人。

ルパン三世 Lupin the 3rd S2 第148話「ターゲットは555M」

次元「用意はいいぜルパン」
ルパン「狙いはここだ」

おでこのに目印を付け、打ってみせろというルパン。
そして躊躇いなく見事に打ち抜く次元―…。

二人の深い絆が伺えるシーンです。

■TVスペシャル・劇場版・OVA

興行成績は配給収入10億円の成功を収めた前作『ルパンVS複製人間』より下回ったが、関係者間での評価は公開当時から高く、商業アニメ作品が受賞することが少なかったアニメーション賞大藤信郎賞を受賞している。同時代の関係者からは、宮崎の演出手法やレイアウト、場面設計に注目が集まり、当時出された絵コンテ集はアニメ制作現場での教科書として使用されていた。

カリオストロの城の魅力の一つは、ルパンと次元の完成された信頼関係だよね。時代設定はかなり後期で、長年連れ添った相棒へのお互いの接し方に年季が感じられて、一種の哀愁すら感じるよ。あれ見たあとに1st見ると、なんかまだ2人とも初々しいなって思う。

話はカリオストロの城で盛り上がるんだけどルパンと次元がジャンケンする冒頭のシーンをよく再現したんですが掛け声合いません。

カリオストロはルパンと次元がジャンケンで修理役決めたり プロレスでじゃれあってみたり スパゲティ取りあったり なんかそういうシーンが地味に好き。

小学生の頃「カリオストロの城」でルパンと次元がスパゲティの取り合いをしたシーンに憧れて、友人の笠井君と給食のスパゲティをフォークで取り合ったら先生に怒られた。それから十数年後に同窓会で再会した時、彼はフォークを手に持ち、僕に笑ってみせた。少年時代は色褪せる事なくまだそこにあった。

ふと思い出したが、「カリオストロの城」で次元がルパンにかけてた立ち関節みたいな技は何て言うんだっけ…?

『ルパン三世 ルパン暗殺指令』は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第5作。

武器密売組織「ショットシェル」の金と組織の壊滅作戦を狙うルパンファミリーとショット・シェルとの駆け引きに加えて、銭形警部解任後のICPOルパン三世専従捜査官で、ルパン暗殺を狙う傭兵あがりのキースも入り混じって大混戦を展開する。
前年に放送されたTVスペシャル『ルパン三世 ロシアより愛をこめて』が視聴率的にいまひとつだったため、本来では本作でルパン三世TVスペシャルを完結させるはずであった。しかし、本作の視聴率が好評だったためにTVスペシャルの続行が決まった。

五右ヱ門が女に騙されていないし銭形もギャグキャラ扱いされていないし、
不二子も珍しく裏切らない。ヒロインも目立ちすぎてません。
そしてルパン&次元が格好良い!!
テレスペに色々不満を持っている人もこの話には文句ないと思います。

1 2





FIRO_PROCHAINEZOさん



  • 話題の動画をまとめよう