1. まとめトップ

クラシックバレエ衣装の種類まとめ

クラシックバレエの衣装の種類をまとめました!

更新日: 2014年09月07日

158 お気に入り 219016 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rinnalさん

■ロマンティック・チュチュ

ベル型のスカートで、チュール布で作られている。
軽さを強調するために自由に流れる。このため、『ジゼル』や『ラ・シルフィード』のようなロマンティック・バレエの霊妙な(ethereal)性質に適合する。

■クラシック・チュチュ

『白鳥の湖』や『眠れる森の美女』、『パキータ』といった、高い技術を要求するバレエの演目において、女性ダンサーが着用する。クラシカル・チュチュ (Classical Tutu) は、形状・構造により、パンケーキ・スタイルと、ベル・スタイルに分けられる。

その名の通り、平らなパンケーキ型に外にまっすぐに広がる衣装。固く保つためにワイヤ・フープと多くのハンド・タッキングをもちいる。

ベルの様なシルエットで、パンケーキチュチュより長い。ワイヤー入りのフープは用いない。

■バランシン=カリンスカ・チュチュ

大変短いスカートで、フープは無く、パンケーキあるいはクラシカル・スタイルよりもネッティングの層がすくない。スカートのタックはルースで、外見はよりやわらかく、ふっくらしている。

■ジョーゼット

『海賊』や『ロミオとジュリエット』などで見られる、ジョーゼット素材のチュニック型のもの。『ドン・キホーテ』のキューピッド役も代表的。

■オペラ・チュチュ

クラシックとロマンティックのちょうど中間のようなスカート丈の衣裳。『シンデレラ』や『くるみ割り人形』のキャンディ・ボンボンの踊りなどで使われることがある。

1