1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【アギーレJAPAN】田中順也ってどんな選手?【招集決定】

今夏、柏レイソルからポルトガルのスポルティング・リスボンへ移籍した田中順也選手。ザックJAPANでも1試合だけ出場していますがアギーレ監督の下2年ぶりの代表復帰が確定的となりました。代表戦を前に田中選手の足跡を追ってみましょう。

更新日: 2014年08月26日

26 お気に入り 67045 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

生年月日1987年7月15日 27歳
身長181cm
体重75kg

愛称 TJ

所属クラブであるスポルティング・リスボンの公式サイトで日本代表への招集が発表された。

The Sporting forward Junya Tanaka has been called up to the Japanese national team for the Kirin Challenge Cup.

スポルティングのフォワード田中順也は、キリンチャレンジカップの日本代表チームに招集されました。

【選手情報】スポルティング・リスボン、FW田中順也の日本代表招集を発表 soccer-king.jp/news/japan/nat… 9月に行われるウルグアイ戦とベネズエラ戦のメンバーに招集されたと、S・リスボンが発表しています。 #daihyo pic.twitter.com/snenhFdBxK

W杯中断中にJ1の柏レイソルからポルトガルの名門スポルティング・リスボンへ移籍

この際に田中が今後スポルティングから移籍する際の違約金がおよそ83億円に設定されたことが話題になりました。
スポルティング・リスボンはクリスティアーノ・ロナウドやルイス・フィーゴを輩出している超名門クラブです。

田中順也がプロサッカー選手になるまで

中学時代から三菱養和SCユースに所属

三菱養和SCの出身選手には他に名古屋グランパスの小川佳純選手や元日本代表の永井雄一郎選手がいます。

グイグイと力強いドリブルで切り込んでは左足元にボールを置いて、ドカン!と豪快なシュートを放つプレースタイルを確立した。田中が“三菱養和のアドリアーノ”と言われたゆえんはそこにある。

高校時代も三菱養和SCに所属していたため高校サッカー選手権には縁が無く、クラブユース選手権も強豪が多かったため目立った成績は残せませんでした。
その後、田中は順天堂大学に一般入試で進学します。

田中が夢を追い続けてきたその道程は決して平坦ではない。高島平SCから三菱養和SCに加入した中学生のときは、身長が伸びずに、出場機会を失ったこともあったという。 高校卒業後、すぐにプロになることは叶わず、大学で成長する道を選んだ。

大学時代に転機が訪れる

田中の順大時代の2学年先輩にあたる村上佑介を視察するために訪れていた柏レイソルのスカウトが、順大の試合や練習に頻繁に足を運び、そこでひときわ強烈な左足シュートを放つ田中の存在に目を引かれ、柏の練習参加に誘った

このスカウトは元柏レイソルキャプテンで、現在は柏のU-18で監督をしている下平隆宏さんです。

順也は中学時代から練習熱心で、特に左足は光るものがあったらしい。ただ、完全なレギュラーではなく、ずっと悔しい思いをしてたようで彼のハングリー精神の根底を垣間見たような気がした。
今でも試合が終わるときちんと電話してくるようでそういった、律儀な部分も選手として成長させているんだなと思った。自分もスカウトとして順也と接していただけに早く、初ゴールが見たいと願うばかりです。

ネルシーニョとの出会い

ネルシーニョは「良いプレーに“若い”などということは関係ない。わたしは良い選手であれば、若くても迷わず起用する」

当時のレイソルの攻撃の軸であったフランサや李忠成(現浦和)を差し置いて、残留争いの渦中にあるチームで無名の大学生をスタメンで使います。
柏はこの年、J2へと降格してしまいますが田中は翌年から柏に正式に加入します。

それまでは頭を使ってサッカーをしていなかったんです」と田中が話すそのプレースタイルをネルシーニョから根本的に正され、「動けばいいというものじゃない。正しいポジショニングを取れ!」と、トレーニングのたびにポジショニングのミスを指摘される毎日が続いた。

ルーキーイヤーはJ2で24試合に出場し6得点を挙げました。

J1の舞台で覚醒

彼はゴール前での鋭さを増し、得点感覚にも一段と磨きをかけた。「チャンスが来た時にシュートを落ち着いて振りぬくことができるようになったのが、自分の中で一番変わったところだと思います」と本人も言うように、自分のタイミングでボールを受けたら躊躇なくゴールを狙うようになった。

「順也が今までと違って、体力任せのサッカーじゃなくて、頭を使ってプレーするようになった」と、2トップを組む北嶋もその変ぼうぶりには太鼓判を押す。

前年から体重を落とし、体のキレも向上。J1で13ゴールを決め柏の昇格即優勝という快挙達成に貢献しています。
翌年にはザッケローニの目に留まり代表初キャップも記録しました。

田中は今季10得点10アシスト。柏では史上初、Jリーグの日本人では5年ぶりのダブル・ダブルを達成した。アシスト数は1位。クロスの数が昨季26本から約3倍の76本(データスタジアム調べ)に増えた。

昨季まで柏に在籍していた左利きの名手、ジョルジ・ワグネルをして「僕が移籍した後のプレースキッカーは順也に任せる」と言わしめたほど、田中の左足は世界水準にある。

田中の武器は何と言っても強烈なパワーと精度を兼ね備えた左足です。

夢の海外挑戦

柏の確固たる攻撃の軸となっていた田中に突如海外からのオファーが届きます。

新シーズンのUEFAチャンピオンズリーグにグループステージから出場するスポルティングCPが、日本の柏レイソルから26歳のFW田中順也を獲得した。

柏時代に仲の良かったチームメイト、大津祐樹、酒井宏樹が次々と海外へと渡っていく姿を見て、彼自身も海の向こうへの憧れや夢を、大きく膨らませていったのだろう。

1 2