1. まとめトップ

筋トレは体に良いことづくし!

筋トレにはこんなに効能があった!今まで知らなかった人もこれを見て筋トレを始めてみよう!

更新日: 2014年08月22日

sudaresuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 48101 view
お気に入り追加

皆さんは「筋トレ」というと、体を引き締める。体力を付ける。等が頭に浮かぶと思いますが、それだけじゃないんです!

血行が良くなる!

代謝、血流を促す鍵は、筋肉にあった

筋肉は糖や脂質を最もよく使う組織なので、筋肉の量が多く、働きが大きいほど、全身の代謝効率は良くなるのです。
さらに、筋肉中に集まっている血管は反応が早く、筋肉を動かせば新しい血管がどんどん生まれます。

血行を促進させ『いらないモノ』は体外に排出しましょう!

身体を動かすという事は、血管の収縮、弛緩の繰り返しでもあります。
血行を促し、浮腫み、凝りを解消させ、
指先、足先、末端まで新鮮な血液がめぐれば、冷え性も改善できます!

骨が強くなる!

筋トレは骨をも丈夫にする

重力に対して,運動を行うことで,骨芽細胞が活性化され,骨粗鬆症などの疾患に陥ることを防いでいけるのです

筋トレもまた骨を強くする運動の1つです。

骨や関節を支えて動かしているのは筋肉なので、その筋肉を鍛えれば骨にも刺激が伝わり、骨の代謝を活発にするはずです。

糖尿病改善!

筋トレは運動不足の解消に役立つだけでなく、血糖値を改善し、2型糖尿病の予防にも効果があることがわかってきました。

私たちの体内で、ブドウ糖をもっとも多く取り込む器官は筋肉です。ところが筋肉量は20歳代がピークで、その後は少しずつ減少し、80歳代では30歳代の頃の60%程度に。そのため中高年になると、筋肉量の減少につれブドウ糖の消費量も減少し、それが血液中のブドウ糖を増やす(血糖値を上げる)原因の1つになっています。

スクワットなど一般的な筋トレでも「単独」で2型糖尿病の発症リスクを下げることがわかった。

その結果、全く何の運動もしない人の糖尿病発症リスクを1とすると、1週間で合計60分未満の筋トレを続けている男性は発症リスクが12%低下。60~149分では25%、150分以上、つまり1日30分の筋トレを週の5日間以上継続している男性では、34%も糖尿病発症リスクが低下していたのだ。

ボケ防止にも!

無酸素運動で筋肉を強化することが、事故防止と同時に、老化防止にもつながるという研究結果が出はじめたのです。

アメリカではこうした研究成果を踏まえて、筋肉を鍛えることが国家レベルで推奨されました。
その結果、今では筋肉を鍛えることが、体にとっては体温アップにつながり、脳にとってはボケ防止になり、日常生活では事故防止につながるという知識が、一般の人たちにまで広く浸透してきています。

運動によって心拍数が上がると、全身への血流量が増加。と同時に脳への血流量も増加すると、神経細胞が活性化されて脳自体のボリュームが大きくなる。

東北大学災害科学国際研究所の野内類助教授によると、こうしての脳が拡大することが、認知機能の向上に関わっていると推測されています。

ガン予防にもなる!

実に有効性が認められている「ガンの予防法」がひとつだけあります。それは、日常的に運動することです。

運動不足によって大腸ガンや乳ガンの発生率が高まります。立ち仕事を中心に働いている人よりもデスクワーク中心の人のほうが4倍ほど大腸ガンになりやすいようです。

筋トレはガンの死亡率を33%も下げる

運動がガンに効く!って話は昔からあるんですが、2014年6月の論文によれば、筋トレの効果がとにかく高いらしい。これは、1987〜2002年の間にがん治療を受けた男女2863人のデータを、比例ハザードモデル(生存率を調べる統計手法)で調べたところ、定期的に筋トレをしていた場合は、死亡率が33%も下がったんだそうな。

アンチエイジング効果も!

「筋トレ」すると「成長ホルモン」が分泌されやすくなる

「筋トレ」のような瞬発力を必要とする激しい運動をすると、筋肉に強い負荷がかかります。
するとその刺激が脳にも伝わり、脳は「こんな激しい運動をするということは、体はまだ成長期にあるんだ!」と勘違いをします。そして結果、「成長ホルモン」がどんどん分泌されるのです。

筋トレで若返る?

筋トレをすることによって、成長ホルモンの分泌がやらない人より多くなり、よりアンチエイジング効果が大きくなるということにつながります。

うつ病改善!

うつを改善するには筋トレが効果的!

筋トレをすることにより、セロトニンが活発に分泌されます。
セロトニンは心の状態の変化の振り幅を調節することで、心に大きすぎる負担がかかるのを防いでいるのです。また、セロトニンは体にとって「ちょうどいい」状態を保つ自律神経の働きを調節する役目も担っています。

定期的にスポーツをしない人は、する人と比べ、うつ病を発症しやすい

バイエルン市民1536名を対象に、うつ病のかかりやすさとスポーツ活動との関連を調査。
結果
ほとんどスポーツをしない人は、定期的に運動をする人より、3・15倍もうつ病にかかりやすかった。

ストレス解消!心をタフにしてくれる!

筋トレは精神安定剤です

筋トレ終わったあとの「運動したぜ!」という爽快感と「追い込んでやったぜ…!」という達成感が、不思議なことに、ポジティブ・シンキング・ゾーンへと連れてってくれる。つまりは、自信が持てるんでしょうね。

筋トレはストレス解消になる

ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れることがあり、多くの方はこれでストレスに悩んでいることと思いますが、筋トレをすることで交感神経が刺激され同時に副交感神経とのバランスがとりやすくなります。

ストレス解消には運動が一番!~心地よく熟睡できる~

特に不眠症の方は、眠れない事自体がストレスになってしまい余計眠れなくなるという悪循環に陥りやすいので、ぜひ運動でストレスを発散してもらえたらと思います。

1





sudaresuさん

興味があるものを調べ、それを分かりやすく簡単にまとめて皆さんに発信できるようになりたいです。

このまとめに参加する