1. まとめトップ

妊娠する確率はどのくらいなの?

避妊せずにsexしてしまい、妊娠を心配したことがあるという方も多いでしょう。では実際、避妊した場合としなかった場合では妊娠する確率がどれくらい違うのかまとめてみました。

更新日: 2014年11月23日

202 お気に入り 1756280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bonten92さん

排卵日(危険日)に避妊しなかった場合

■一回の生理周期で妊娠する確率:8~25%
■一年間危険日に避妊しなかった場合:85%



※危険日とは、生理初日から4日目~13日間のことです。(生理が終わるごろから10日目ぐらいまでの間)

30歳までの健康な女性の場合、危険日に中出ししてしまうと8%~25%の確率で妊娠するようです。もっとも生理不順だったり、40歳ぐらいの女性の場合妊娠する確率は5%以下まで落ち込むようです。

安全日に性行した場合(オギノ式)

■一年間安全日のみ性行した場合:1~25%



※安全日とは生理初日から17日目~15日間のことです。(生理が始まる二週間ほど前から生理が始まるぐらいまで)

安全日にしか性行しなかった場合、一年間で1%~25%ですから、中で出しているにも関わらずこの数字はかなり低いように個人的には感じます。ただし、生理周期は個人差もあり、安全日の見極めは難しいので、絶対妊娠したくないという人は、他の避妊法と併用するのがよいでしょう。

膣外射精(外出し)の場合

■一年間膣外射精による避妊を続けた場合:4%~18%



※膣外射精とは、コンドームなどの避妊具は使わず、射精する時のみ外で出す避妊法です。

この確率が高いのかそれとも低いのかと考えるのは難しいところです。というのも、外出しの場合、男性によっては知らず知らず膣内で多少出してしまっている人もいるので、正確な数字を出すのが難しいからです。しかし、それも含めてこの数字であれば、普通に避妊しないよりは、妊娠する確率は遥かに少ないとは言えると思います。

コンドームによる避妊の場合

■一年間コンドームによる避妊を続けた場合:2~15%

コンドームを使用した場合の妊娠の確率が意外と高いと思われた方も多いかもしれません。
実際数字を見る限り、直接挿入しているオギノ式や外出しとあまり変わらない確率です。
物理的には、ちゃんと使用していれば0%でもおかしくないはずなのですが、不適切な使用をしている方が多いのか、それともそんなに激しい行為をされている方が多いのか、不思議です。

低用量ピルを服用した場合

■一年間ピルによる避妊を続けた場合:0.3~8%




※低用量ピルは婦人科に行けばひと月2000円~3000円ほどで処方してもらえます。

一番妊娠する確率が低い避妊法と言われているのがこの低用量ピルです。
もっとも、他の性病などは防げませんので、特定のパートナー以外の不特定多数の方と性交する方は、コンドームの方がいいでしょう。

1