1. まとめトップ

毎日石鹸で洗うべき? 赤ちゃんのお肌トラブルと沐浴の関係

赤ちゃん肌とは言うものの、実際の赤ちゃんって意外とお肌のトラブルが続きますよね。そんなとき、石鹸でしっかり洗うべきなのか乾燥を避けてお湯だけにすべきなのか、パパとママで意見が分かれることも。赤ちゃんのお肌の状態に合わせて洗ってあげるために、必要な情報を集めました。

更新日: 2014年08月27日

22 お気に入り 367540 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kuchi74さん

赤ちゃんのデリケートなお肌、毎日石鹸で洗うべき?

寝ているだけの新生児ですが、新陳代謝が活発で、大量の汗や皮脂が分泌し、またおしっこやうんち、よだれなどで顔や体は意外と汚れています。デリケートな肌にとって汚れは刺激のもとになるので、毎日の沐浴で肌をきれいに保ってあげましょう。ただし、熱があるなど病気のときは例外。おしりを部分洗いしたり、沐浴の代わりにガーゼなどでやさしく汚れを拭き取ってあげるなどして、清潔にしてあげます。

意外と多い赤ちゃんの肌トラブル

新生児ニキビ、あせも、脂漏性湿疹、乾燥性湿疹、アトピー、etc...
赤ちゃんの肌トラブルは意外と多いもの。
特に皮脂バランスの大きく変化する2〜3ヶ月前後にぶつぶつが出来てしまう赤ちゃんがとっても多いみたいです

出典ninshin.cyapo.com

新生児期の赤ちゃんの肌荒れは、皮脂の分泌がさかんな時期なので、皮脂が多いことが原因の可能性が高いです(いわゆる脂漏性湿疹)。

月齢1-2カ月頃からは、皮脂の分泌が減り始め、赤ちゃんによっては徐々に乾燥が始まります。

そういう赤ちゃんは、季節が秋~冬になると、乾燥が一気に進んで湿疹や肌荒れがひどくなっていくこともあります。

新生児のうちは結構皮脂が多くて、肌を守りながらもしっかり洗う必要があるかもしれません。(月齢が上がってからの方が、体から出る脂の汚れは減ります)

赤ちゃんのお顔にぶつぶつが…皮脂が落ちてない? それとも乾燥?

病院の沐浴指導では顔はお湯で濡らしたガーゼで拭くだけでした。
1ヶ月過ぎ頃から乳児湿疹が出来て
病院に連れて行ったら顔を石鹸で洗うようにと言われました。

脂漏性湿疹は生後1~2ヶ月の赤ちゃんに多くみられ、3ヶ月頃には改善し、その後は逆に乾燥から来る湿疹が出やすくなります。

生後2~3カ月ぐらいまでは、ホルモンの影響もあり、生理的に皮脂が過剰に分泌されやすい傾向にあります。この皮脂が過剰に分泌されることで起こるトラブルが、脂漏性湿疹。髪の生えぎわやまゆ毛、頭皮など皮脂線の多いところにできやすく、湿疹はクリーム色のかさぶたやカサカサしたフケのような状態。

お顔を石鹸で洗ってお肌が改善した赤ちゃん

一ヶ月検診の時に『大人だって石鹸を使わずにぬるま湯だけで洗顔したりしないでしょ。赤ちゃんも同じで、脂はぬるま湯じゃあ落ちないのよ。泡石鹸できれいに汚れを落としてください』と、お叱りを受けてしまいました。
看護師さんにオリーブオイルをひたしたガーゼでポロポロになった湿疹をきれいに拭い取ってもらいました。
その後、石鹸で洗うようになってから、びっくりするくらいきれいになりましたよ。

泡が顔につくと泣いてしまう赤ちゃんはどうしたらいい?

病院の沐浴指導では顔はお湯で濡らしたガーゼで拭くだけでした。
1ヶ月過ぎ頃から乳児湿疹が出来て
病院に連れて行ったら顔を石鹸で洗うようにと言われました。

けれど石鹸で顔を洗うのをとても嫌がります。

ガーゼを上手に使ってみよう

赤ちゃんを湯船につけながら、少し浮かせてお腹や手足に石鹸をつけて洗いますよね?
その時に、ほっぺと おでことアゴにも、お腹に付いた石鹸を乗せて、クルクルと輪を描くようにしてつけます。

そしてすぐに、
絞ったガーゼでふき取り⇒石鹸のついたガーゼをすすぎ⇒絞り⇒またふき取ってあげます。

これを何度か繰り返してあげると、水が顔にかかることなくキレイになり、嫌がりません。
その後、首もしっかり洗い、ウーンと、首を上げてあげて流せばいいのです。

赤ちゃんの肌がカサカサ…もしかして、洗い過ぎ?

6か月の赤ちゃんの母です。赤ちゃんは新陳代謝が活発なんですよね、、。
でも夏はともかくとして、皆さん冬でも毎日入れていますか?毎日ベビー用の石鹸で洗っているのですが、全身肌がかさかさで、保湿クリーム塗ってもだめなんです。これは洗いすぎでは、、、と疑問に思ってきました。

乾燥性湿疹(皮脂が少ないことが原因)の目安

赤ちゃんは月齢1か月以上(新生児期は脂漏性湿疹ができていたのに、いつの間にか乾燥性湿疹が始まっていることもある)
小鼻・手のひらなど、皮脂の分泌が多い部分の肌はきれい
ほっぺた・お腹・太ももなど、大人も乾燥しやすい部分が荒れる
冬にかけて症状が重くなり、夏にかけて症状が軽くなる

石鹸を毎日使わずお肌が改善した赤ちゃん

うちは長女、三女がアトピーです。石鹸や沐浴剤厳禁です。アトピーの肌の赤ちゃんは、皮膚のバリア機能が非常に未熟です。石鹸や沐浴剤、入浴剤で、明らかに肌が悪化します。
お湯だけで、優しく手のひらで洗い流し、まだ肌が湿り気を帯びている間に保湿剤を塗布します。保湿剤は、足りない皮膚のバリア機能を補充します。なくてはならないものです。
特にアトピーの赤ちゃんには、過剰な程に保湿してあげ、ケアをすることで肌が丈夫になっていきます。

お湯だけで大丈夫?

毎日お湯だけで洗うというのはどうなんでしょうか??ママの後期学級でも石鹸で洗うという風にも習いましたし、基本は石鹸等で洗うイメージでしかなかったのですが

汚れの80%はお湯だけで落ちるらしい

「石鹸を使わないことが肌にいいと言っても、汚れは取れるの?」
「汚くないの?」

と抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思います。

でも、人間の体の汚れってお湯だけで80%ほどは落ちるらしいんです。

 
石鹸を使わない入浴法と言いましたが、わが家の場合は厳密にはまったく石鹸を使っていないわけではありません。

息子は髪、お股、お尻の穴(ちょっとリアルな表現w)、足の裏といった特に汚れる部分には石鹸を使っています。

私と息子の肌には効果があったこの「石鹸なし入浴法」ですが、これも合うか合わないかは正直個人差があるのではと思っています。

 
私も息子にこの方法を試すときにしたことですが、1週間は石鹸を使う→1週間は石鹸を使わない→1週間石鹸を使う→1週間石鹸を使わない…、を何度か繰り返してお子さんの肌をチェックしてみられることをお勧めします。

こんな皮膚科の先生のアドバイスも

皮膚科の男の先生で外科医の奥様のかわりに育休をとって専業主婦をしていた話と赤ちゃんのスキンケアの話が載っています。

ざっくりと赤ちゃんのスキンケアは

・お風呂は週2-3回・長湯しない(2-3分)

・石鹸は使わない(脂漏性湿疹&とびひなどの時は使う)

・ガーゼでこすらない ぬるま湯で流すだけ

・洗濯時に洗剤も使わない

1